1. TOP
  2. 悩み
  3. 痛風の食事でダメなものは?気をつけたい食事と、痛風対策の食事をご紹介

痛風の食事でダメなものは?気をつけたい食事と、痛風対策の食事をご紹介

悩み この記事は約 6 分で読めます。

今回は、痛風の食事でダメなものを紹介します。

風が吹いただけで痛んでしまうことから名づけられたという「痛風」。

贅沢病や帝王病とも呼ばれ、豊かな食生活をすることで発症しやすくなると言われています。

食生活が全体的に高カロリー化傾向にある現代では珍しい病気ではなくなってきています。

では、実際にどのような食べ物がダメなのでしょうか?

スポンサーリンク

痛風のは食事で食べてはダメなもの3選を紹介!

痛風食事ダメ

一つ目は、お酒

「痛風の原因となるプリン体をカット!」なんて宣伝している、発泡酒のCMを見たことがあるかと思います。

よく飲まれるお酒の中ではビールが一番ダメ、マイナーなところで言うと紹興酒もダメ。

焼酎やブランデーなどは痛風の原因となるプリン体がほとんど含まれていません。

そうは言うものの、次でも説明しますが、アルコールは痛風の引き金を引く恐れがあるため、何であれ控えることが賢明です。

 

二つ目は、魚介類

健康に良い食べ物という印象がありますが、痛風に関して言えば絶対に避けるべきです。

干物、刺身、ツナ缶・かまぼこなどの加工品・・・全てがダメだと考えてください。

 

三つ目は、肉類、特に内臓肉

豚、牛、鶏、羊、鯨・・・どれも等しくダメです。

鶏のササミは健康に良さ気ですが、これもしっかりプリン体が含まれており、ダメです。

プリン体が旨みを持った物質であることから、旨みを出すような食べ物は控えることが無難でしょう。

とは言うものの、実は大概の食ベ物にはプリン体が含まれていますし、上述の食べ物を全て食べないとなると逆に食事が偏り健康に支障をきたすことが考えられます。

また、食べ物からの摂取量が原因となるプリン体は2割ほどと少なく、その他の8割のプリン体は体内で作られていると言われています。

そして、食べ物から摂取したプリン体は、腸内までで殆どが分解され体内に吸収されることから厳しく制限しても意味がないというのが最近の通説のようです。

それとは別に、痛風の人は肥満であることが多いことが分かってきているので、カロリー制限を試みた方が良いと言われています。

ただし、それでも、プリン体を非常に多く含んでいる、干物、内臓肉はダメですし、避けるべきだというのは間違いないみたいです。

また、プリン体の量はほどほどですが、アルコールを含んでいるビールは勿論、アルコールも控えた方が良いと、引き続き注意されています。

スポンサーリンク

痛風の原因?プリン体がどう関係しているのか、そしてアルコールはどうしてダメなのか?

痛風食事ダメ

痛風の発症メカニズム

では、プリン体がどのように痛風を引き起こすのでしょうか?

痛風の直接的な原因は血液中の尿酸濃度が高くなることです。

余分なプリン体は体内で代謝されることで尿酸を産み出し、血液へ排出されます。尿酸は水に溶けにくい物質で、ある一定以上の濃度になると結晶として析出してしまいます。

分かりやすく言うと、水に溶けきれなくなって、砂糖や塩みたいな固形(実際はもっと小さなものです)が出てきてしまうのです。この結晶は、特に関節に付着しやすいと言われています。

続いて、正常な体はこの結晶を異物として感知します。感知すると、排除するために体内の異物除去係である白血球に攻撃させます。

さて、この反応、風邪を引いた時と同じなんです。風邪の時は、体の節々が痛くなったり、熱が出たりしますよね?

これは体内に入った雑菌を白血球が攻撃するから起こる症状なんです。

痛風では、尿酸の結晶がたまった部分で同じことが起こります。結果として、その部分が熱を持ったり、痛くなったりしてしまいます。

これが痛風です。

 

痛風にアルコールがダメな理由

痛風の発症メカニズムが分かったところで、続いてはアルコールの影響です。
アルコールは体内でのプリン体の代謝を活発にし、尿酸をたくさん作るように作用します。

本来であれば、このような過剰の尿酸は尿や汗によって体外へ排出されるのですが、アルコールはこの排出も抑えるように作用してしまうのです。ダブルパンチですね…。

更に、アルコールがプリン体を含むビールであったり、プリン体を多く含む酒の肴を同時に食べていたりすると、当然、一気に尿酸値が上がる原因となり、ダブルパンチどころでは済みません。

健康診断で尿酸値が高かった方々は、摂取量を控えるとか休肝日を1週間に2、3日取るとか、痛風になりたくなければ自主規制をしないとダメですよ!

スポンサーリンク

痛風対策の食べ物、食生活について

痛風食事ダメ

痛風に悪い食べ物、発症原因も分かったところで、では、痛風対策として挙げられる食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか?

一つ目は、アルカリ度の高い食べ物(わかめ・昆布などの海藻類、ゴボウ・ニンジンなどの根菜類、など)が挙げられます。

上述したように、痛風の原因は血液に溶けきれなくなった尿酸です。尿酸はアルカリには比較的溶けやすいので、血液をアルカリに傾けることで、尿酸の結晶析出を抑えられ、痛風に効果があると言われています。

二つ目に、ビタミンCを多く含む食べ物(ピーマン、レモン、いちごなど)です。ビタミンCは関節に蓄積した尿酸を除去して運んでくれる役割があるようです。

最後に、普段の生活で気を付けることは、水を大量に飲むことです。

これは、体内に蓄積された尿酸を薄める効果と、早く体外に排出する二つの効果があります。ただし、この水は、ジュースはダメ、まして、アルコールなんて絶対にダメです。

肥満の方が痛風になりやすいと書きました。アルコールも尿酸を一気に作るように作用するとも言いました。ここは我慢して、ミネラルウォーターやお茶にしましょう。

また、暴飲暴食は控える、規則正しい生活を行うなどといった生活習慣にも気を付けて肥満にならないよう気をつけましょう。

「肥満は万病のもと」とも言えます。

 

まとめ

痛風の原因はプリン体と言うのは本当ですが、食べ物に由来するプリン体の影響は限定的だと言われています。

ほどほどを守って食事を楽しみましょう。

それでも、特に痛風にダメな食事は、干物、内臓肉、お酒です!痛風の方や尿酸値が高い方は、これら3つは避けるか、節制をもって摂取するようにしてください。

そして、水分を多くとって、規則正しい生活を行う!

何事も言えますが、健康に良い日々の生活を送ることが痛風の予防や早期の回復にも繋がるようです。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 咳を止める方法!今すぐ止めたい時に試して欲しい7つのこと

  • 歯に食べ物が詰まる!今すぐできる対処法や原因をわかりやすく解説!

  • 男性でもかかる更年期障害!その症状と原因、対策は?

  • 高血圧を下げる運動をご紹介!無理せずに長く続けることが最大のコツ!

  • あっち向いてホイは脳活性に役立つ?!集中力アップや物忘れ防止にも

  • 糖尿病の初期症状とは?自覚症状に乏しい糖尿病に早期発見できる兆候はあるのか?