1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 正座した時の足のしびれを治す方法!その場でしびれを解消する即効性のある方法とは?

正座した時の足のしびれを治す方法!その場でしびれを解消する即効性のある方法とは?

ライフスタイル この記事は約 5 分で読めます。

正座をした時、慣れていない人は100%足がしびれます。

そんな時、その場で足のしびれを治す方法を知っていれば、恥ずかしい思いをしなくて済むというもの。

例えば法要であったり、お茶席であったり、あるいは接待の場であったり。
歳と共に、そんな場面に参加する機会は増えてきます。

日本人としては馴染みのある正座です。

いざという時、足のしびれを解消する即効性のある裏技を、是非覚えておいてください。

スポンサーリンク

足のしびれを、その場ですぐに治す方法

正座をした時は、膝から下の部分が体重を受けて圧迫されています。
そのため血管も圧迫されるので血流が滞り、末梢神経に酸素が行き届かなくなります。

この状態が長時間続くと、末梢神経の機能が鈍くなり、ピリピリとした電流を流して「これ以上続くと神経が麻痺してしまうよ」という危機を訴えます。

これが足のしびれであり、足の感覚がなくなって、立ちあがった時に転んでしまう原因です。

要するにしびれは、血流を促すことで解消するのです。

 

つま先を立てる

親指を立てて、ひざまずくような形で座ってみましょう。

かかとの上にお尻をのせます。親指がグッと外側に反り返っていますね。
これを「ギ座」といい、15~30秒続けるとしびれはなくなります。

そろそろ立ちあがらなくてはいけないなと思ったら、そっと腰を浮かせてつま先を立て、親指に刺激を与えましょう。

少しジンジンしますが、すぐに感覚が戻ってきます。

目立たない方法ですし、礼儀作法としても失礼ではないので、一番のおすすめです。

 

後ろへ歩く

立ちあがったものの、膝から下の感覚がなく、これは歩けそうじゃないと思った時。

そのまま後ろへ一歩、足を下げてみてください。
続けてゆっくりともう一歩、さらに一歩、後ろへ歩きます。

2~3歩後ろ歩きをするだけで、血流は回復します。

この時、後ろに人や物や段差がないか、確認するのを忘れないでください。

 

足を交差させる

足の感覚が全く無くなり、立ち上がることもできなくなった時、意思とは関係なく派手にひっくり返ってしまう危険があるので、無理をして動いてはいけません。

まず両手を前につき、腰を浮かせます。
感覚のない足を手で持ち上げながら、ふくらはぎのあたりで、上下に足を交差させます。
そのまま上体を戻して、また正座するように座り直してください。

30秒くらいで感覚が戻ってくるはずです。

 

ツボ押し

腰の一番くびれた部分の背中側、背骨の両脇あたりに「腎兪(じんゆ)」というツボがあります。

ここに親指を当て、ゆっくり回しながら刺激しましょう。
ここは、足のしびれやだるさに効果があるツボなので、血流が促されてしびれが治まります。

座ったままではなく、つま先を立てる「ギ座」をしてからツボ押しをするのが効果的です。

おでこの眉間や、口の周りなどにも、しびれに効くツボがあるといいますが、残念ながら効果はないようです。

スポンサーリンク

しびれない座り方のコツ

「正座」とは、正しく座ること。

足がしびれにくくなる座り方を覚えておくのも大切です。

 

姿勢を正す

背筋を自然に伸ばし、体の中心を意識するように座ります。

顎をすこし引き、体の重心が後ろへ反らないように、気持ち前のめりの体勢にします。

開いたかかとの間にお尻を収め、親指をわずかに重ねます。
かかとを開いてお尻を受け、足の甲の圧迫を軽減させることで、動脈の血流を確保するのがポイントです。

お尻で全体重を受け、足の甲を潰すような座り方をしないように気をつけましょう。

男性は、膝の間をこぶし一つ分開けると余分な力が抜けて、座りやすくなります。

 

体を動かす

目立たない程度に体を揺すって動かすのもいい方法です。

重ねた親指を上下入れ替えたりお尻を浮かせたりは、茶道の先生や、お寺のお坊さんなどがよくやっている方法です。

失礼にはあたらないので、気にせず取り入れてみてください。

時々足を横に出して、足の甲をさすってやるのもいいでしょう。
あまり大きく動くと目立つので、控えめに。

スポンサーリンク

ゆったりとした服装

体を締め付けるジーンズなどは血流を悪くし、しびれやすくなります。

事前に正座するとわかっている場合は、ゆったりとしたスラックスで参加するといいですね。

 

慣れる

実は正座は、腹筋や背筋を鍛え、体幹に働きかける座り方です。

正座に慣れることで、足関節の柔軟性を高めながら、しびれにくい座り方を覚えることができます。

下半身強化に加え、シェイプアップ効果もあるので、是非日頃から、正座を取り入れてみてください。

 

まとめ ―美しい正座でしびれを回避―

正座による足のしびれを治すには、血流が良くなるように、腰を浮かせたり足を動かしたりが基本です。

慣れないと難しいですし、ごそごそ動けない場合もあるかもしれません。

ですが、足が自分のものではないように動かず、人前で思いっきりコケてしまうよりは、はるかにマシだと思うのです。

恥ずかしがらず「正座に慣れていないので」と、一言断りを入れておくのも案外スマートな方法です。

そしてこっそり正座の練習をして、美しい座り方をマスターし、涼しい顔をして立ちあがる。

日本人として、誇らしい一場面ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 入学祝い!「のし袋」宛名の書き方と見本!夫婦やその他の連名の書き方も解説