1. TOP
  2. 悩み
  3. おならのにおいを消す!普段の食生活でおならのにおいを改善する方法はあるのか?

おならのにおいを消す!普段の食生活でおならのにおいを改善する方法はあるのか?

悩み この記事は約 6 分で読めます。

おならのにおいや回数で悩んでいる方!
今日から普段の食生活を見直し、おならの悩みを改善していきましょう。

生理現象で仕方がないとはいえ、異常にクサいおならは、周りに迷惑をかけるし何よりとても恥ずかしいものです。

クサいおならは、実は腸内からのヘルプサイン。
腸内環境を整えることで、おならのにおいは格段に薄くなっていきます。

そのためには、日々の食生活を見直し改善していくことが重要です。

おならの原因と、食べ物の関係をしっかり意識して、クサいおならを撃退しましょう。

スポンサーリンク

クサいおならと食生活の関係

クサいおならの原因は、腸内環境のバランスが崩れていることによります。

腸内環境が崩れると、悪玉菌が増殖し、おならのにおいの元となるアンモニア硫化水素などのガスを発生させます。

では、腸内環境を整えるためには、どういう食生活を心がけたらいいでしょうか?

 

善玉菌を増やす

クサいおならが出る時の腸内には悪玉菌が増えているので、善玉菌を増やしてバランスをとらなければいけません。

善玉菌は乳酸菌をエサにして増えていきます。

ビフィズス菌、ラクトフェリン菌といった言葉を聞いたことがあると思います。
これらの乳酸菌はヨーグルトから摂取できます。

善玉菌は便とともに排出されてしまうので、毎日定期的にヨーグルトを食べることを習慣にするといいでしょう。

ただし、乳酸菌の種類はとても多く、スーパーなどで見かけるヨーグルトの中でも数十種類あって、それぞれ特徴が違います。

その中から、自分に合ったヨーグルトを選ぶことがとても大切になってきます。

合わないヨーグルトを食べていると、かえっておならがクサくなったり、お腹の調子が悪くなったりするので、色々食べ比べて、自分に合ったヨーグルトを見つけてください。

「このヨーグルトを食べた翌日のお通じがスムーズで気持ちよかった」という感覚で選ぶといいでしょう。

 

乱れた食生活を見直す

毎日の食生活が偏っている場合も、サクいおならが出てしまいます。

肉や卵などのタンパク質が腸内で分解される時、強烈なにおい成分を含んだガスが発生するのです。

また、脂肪も消化が悪く、腸内環境を崩す原因になります。

タンパク質や脂肪は悪玉菌の栄養になってしまうからです。

脂っこいお肉には要注意ですね。

魚の油は良質なので分解されやすく、においも出にくいので、肉よりも魚、または大豆などの植物性タンパク質を意識するようにしましょう。

また食べ過ぎは、食べ物が未消化を起こして腸内で腐敗し、クサいガスが発生します。

食生活の乱れは、クサいおならの元です。

質の良い食事を適度に食べるという、基本的な生活習慣を今一度見直してみてください。

スポンサーリンク

ゆっくり食べる

おならの原因の一つに、口から飲みこんだ空気があります。

食べ物を飲みこむ時に、一緒に空気を飲んでしまうのです。

急いで食べたり、早食いをすると、飲みこむ空気の量が増え、おならになってしまいます。

食べる時は口の中でしっかりと咀嚼し、唾液と食べ物をよく混ぜ合わせるようにして空気を抜き出しましょう。

そのためには、ゆっくり食べることが何より大事。
できれば、一口ごとに20回の咀嚼を心がけてください。

よく噛んで、胃腸への負担を減らすことで腸内環境を整えるのです。

炭酸飲料も同じ理屈で、おならが増えます。
気をつけましょう。

 

食物繊維を摂る

食物繊維が豊富な食物には、腸内環境を整えると同時に、においを抑えてくれる消臭食物というものがあります。

ココアのポリフェノールや、緑茶に含まれるカテキンがそれにあたります。

ワカメや昆布、ヒジキなどの海藻類にも、フコイダンという消臭成分が含まれています。

海藻のヌルヌルがにおい成分を包みこみ、便として排出しやすくしたり、血液中ににおい成分が流れ込むのを防いでくれるのです。

マッシュルームに含まれるトレハロースや、ニンジンの葉のβカロチン、ビタミンCにも、効果的な消臭作用があるようです。

一方で、おならがクサくなってしまう野菜もあるので気をつけなければいけません。

キャベツ、ブロッコリー、ニラ、ねぎ、ニンニクはかなり危険ですので、覚えておいてくださいね。

 

加工食品に注意

スナック菓子やカップラーメンなどの加工食品には、消化不良を起こす食品添加物が含まれています。

これらは胃腸への負担を大きくして腸内環境悪化に繋がり、ガスが溜まる原因にもなります。

また、食べやすいためによく噛まないので、消化に時間がかかって腸内での腐敗が進みやすくなります。

手軽な加工食品はほどほどに。

スポンサーリンク

食生活以外で気をつけたいこと

ストレス

ストレスは胃腸を弱らせ、腸内環境を悪化させます。

腸の働きが弱くなると、ガスが排出されにくくなって腸内に溜まり、おならがクサくなります。

おならのにおいが気になる時は、ストレスも疑ってみてください。

 

姿勢

姿勢が悪いと腸が圧迫され、消化を抑制してしまうために腐敗の原因になります。

また、猫背がガスの排出を妨げて腸内にとどまり、きついにおいになってしまいます。

日ごろから、腸の動きを活発にさせるように、姿勢を意識したり、軽い運動などでお腹の動きを良くしてあげましょう。

 

排便習慣

毎日、決まった時間にトイレに行って排便する習慣をつけましょう。

この時に、しっかりガスを出してしまえばお腹もすっきり、腸内環境も良好になります。

便秘はおならのにおいだけでなく、口臭にも影響しますので気をつけたいですね。

 

まとめ ―おならは上手に出す―

クサいおならは、腸内環境を整えることで防止できます。

ですが、急にクサくなったり、回数が増えた時は、大腸がんや過敏性大腸炎などの病気の可能性がありますので、おならくらいでと軽く思わずに、医療機関を受診してください。

どんなカッコいい人でも、おならは出るものです。

クサいおならに悩んでいるのなら、これを機会に腸をいたわり、腸の健康にも目を向けてみてはどうでしょうか。

上手におならを出してすっきりとしたお腹でいれば、きっと日々を気持ちよく過ごせますよ。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 歯ぎしりを治す方法を知りたい!歯ぎしりの原因と治し方を徹底解説!

  • イボを取る方法!自宅で出来るイボの取り方を紹介

  • 腰痛を治すには食事内容と食事方法を見直すことも大切!

  • 歯周病の予防には「乳酸菌」が効く!家庭でできる歯周病の予防方法とは?

  • 高血圧を下げる運動をご紹介!無理せずに長く続けることが最大のコツ!

  • 猫舌の原因と治し方!猫舌とそうでない人の違いとは?