1. TOP
  2. 悩み
  3. 濡れた髪にはドライヤー?それとも自然乾燥?髪や頭皮にとってどちらがいいの?

濡れた髪にはドライヤー?それとも自然乾燥?髪や頭皮にとってどちらがいいの?

悩み この記事は約 5 分で読めます。

シャンプー後の濡れた髪を乾かす時、ドライヤーを使うか、自然乾燥させるか、迷ったことはありませんか?

結論から言えば、ドライヤー必須です。

だけど、ドライヤーの熱は髪にも頭皮にもよくないイメージがあるし、なにより面倒だし時間がかかるし、電気代もかかる。

短い髪ならなおさら、タオルでゴシゴシしておけば、そのうち乾いてしまうので、自然乾燥させてしまいがちです。

実は、自然乾燥は薄毛になる元凶だと言ってもいいかもしれません。

自然乾燥のデメリットと、髪にも頭皮にもダメージを与えないドライヤーの使い方を解説していきます。

スポンサーリンク

濡れた髪にはドライヤーが必須!自然乾燥がダメな理由とは?

濡れた髪ドライヤー自然乾燥

キューティクルが傷つく

髪の表面には、髪を守るキューティクルという層があります。髪が濡れると、このキューティクルが水を含んで開き、剥がれ落ちやすくなります。

濡れたままの状態が長く続けばその分、開きっぱなしのキューティクルから髪の中の成分が抜け出して、パサつきの原因になります。

また、濡れたまま寝てしまうと、枕などの摩擦でさらにキューティクルが剥がれ、朝起きた時に、ゴワゴワパサパサの髪になってしまうのです。

ゴワゴワパサパサのままのブラッシングは、抜け毛、切れ毛の原因です。

 

雑菌の繁殖

シャンプーの時に、どれだけすすぎをしても、皮脂やトリートメントの残りを完璧に洗い落とすことはできません。

これを乾かさずに放置すると、洗い残した皮脂やトリートメントをエサにして、雑菌があっという間に繁殖してしまうのです。

繁殖した雑菌は、臭いの元になり、かゆみや抜け毛、あるいは炎症の原因にもなります。

 

血行不良

髪を濡れたままの状態にしておくと、水分の蒸発に伴って頭皮の温度が下がっていきます。

頭皮が冷えると、毛細血管が委縮し、血行不良を起こします。

この血行不良のために、髪に充分な栄養がいきわたらなくなり、髪の毛が細くなったり、抜け毛の原因になったりするのです。

 

寝癖がつく

毛髪のたんぱく質には、水分を含むと切れて、乾くとくっつく、水素結合という性質があります。

濡れたまま寝てしまうと、髪が崩れた状態で乾くので、寝癖がついたまま水素結合してしまうのです。

忙しい朝に、寝癖直しで時間を取られるのもいやですよね。

スポンサーリンク

髪はドライヤーでしっかり乾かしましょう

003

ドライヤーの熱が髪を傷めることを気にして、自然乾燥を選ぶ方もいらっしゃるでしょう。

確かに髪は熱に弱く、ドライヤーを当てすぎてパサパサになってしまうのも事実ですが、自然乾燥のダメージに比べると、メリットの方がはるかに大きいと言えます。

だったら、ドライヤーで、髪と頭皮にダメージを与えないように乾かせば何も問題はありません。

ポイントは、たったの2つ。

 

1.近づけすぎない

ドライヤーのふきだし口の温度は100℃を超え、140℃以内になるように設定されています。

ふきだし口から10センチ離すと約100℃。15センチ離すと約90℃です。

髪にダメージを与えない温度は70℃と言われていますので、20センチ以上を目安に離して使うといいでしょう。

早く乾かそうとして、ドライヤーを近づけすぎると毛根も傷つけてしまうので厳禁です。

 

2.長時間当てない

同じ場所に長時間ドライヤーの熱を集中して当てると表面温度が高くなってしまいます。

まんべんなく熱がいきわたるように、ドライヤーはつねに動かしてください。

温風と冷風を交互に当てたり、低温ドライヤーを使用するのも安心ですね。

スポンサーリンク

効果的なドライヤーの使い方

濡れた髪ドライヤー自然乾燥

タオルドライ

濡れた髪にいきなりドライヤーをあてても、時間がかかるばかりで大変です。まずはタオルで念入りに水分を取りましょう。

ゴシゴシと力任せに髪や頭皮を擦るのはいけません。濡れた髪は、キューティクルが剥がれ落ちやすくなっているのだと、言い聞かせるようにしながら、やさしく丁寧に扱ってください。

タオルで頭を包み、髪の根元をふわふわとかき混ぜるように動かすのがコツです。

髪の長い方は、タオルで髪の毛を挟み、水分を押しだすようにするといいでしょう。

 

風の当て方

毛先ではなく、根元を重点的に乾かすように当ててください。根元が乾けば、自然と毛先まで乾いてきます。

同じところばかりに当たらないように気をつけて、ゆらゆらと揺らしながら頭皮を乾かします。

ドライヤーで乾かしている途中のブラッシングは控えましょう。

だいたい乾いたかなと思ったころに冷風を当てると、キューティクルが引き締まってツヤが出ます。

乾かし過ぎはよくありません。8割乾いたら終了です。

 

まとめ ―自然乾燥はやめましょう―

ドライヤーで髪を乾かすことの重要性がおわかりいただけたでしょうか?

雑菌の繁殖を防ぐためには速やかな乾燥が必要です。

キューティクルを守るためには、早く乾かして引き締めることが大切です。

いずれも、濡れた髪のままでいてはいけないということです。

頭が臭い。最近薄毛になってきた。これらが気になる方は即刻自然乾燥をやめましょう。

はっきり言います。面倒だからと、髪を洗いっぱなしにして自然乾燥させているとハゲます。

毎日のことだからこそ、手間がかかってもドライヤー乾燥のコツをつかみ、これから先の健やかな頭皮と髪を守ってください。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 薄毛男性に似合うヘアスタイル!今すぐ美容室でこの髪型にしてもらおう!

  • 地肌がかゆい時や湿疹ができた時の対策!詳しい症状別対策方法を紹介

  • 地肌に優しいシャンプー!市販品で乾燥や抜け毛に悩んでいるメンズにおすすめの商品

  • 白髪の原因と対策を知りたい!男性でも気になる白髪の予防方法とは?

  • フケを止める正しい方法!シャンプーを変えても止まらなかった人に試してほしい方法

  • 地肌ケアシャンプー!白髪やかゆみ対策におすすめの6商品と頭皮ケア方法