1. TOP
  2. 悩み
  3. 猫舌の原因と治し方!猫舌とそうでない人の違いとは?

猫舌の原因と治し方!猫舌とそうでない人の違いとは?

悩み この記事は約 5 分で読めます。

『私猫舌なんだ~』って方、結構多いです。
それは食べ方に原因があるかもしれません。
治し方があるなら、知りたいですよね?

熱いものを食べると舌がヒリヒリして辛い、冷めるのを待つから食事に時間がかかる、冬にコーヒーを買ったけど猫舌だからすぐに飲めない。
『いつか熱いものは熱いうちに食べ(飲み)たい』という夢を見てる。

そんな猫舌あるあるの悩み、この機会にぜひ解消しましょう!

スポンサーリンク

猫舌の原因と治し方3パターン

猫舌の方とそうでない方、違いは食べ方にありました。
そして治し方ももちろんあるんです。

 

舌先で食べてしまっている

舌先は熱さなどに敏感な造りになっています。
逆に、舌の中心から喉の方にかけては、あまり暑さを感じないのです。

猫舌の人が知らず知らずのうちにやってしまっているんですが、舌先に触れるように食べてしまっているので、食べたものが熱く感じてしまっているんです。

実際、熱いものも平気な人は舌の中心に食べ物を置いているようです。
無意識のうちにしていることですが、こういったところから違いがあるんですね。

 

熱いから食べられないと思い込んでる

湯気がたった出来立ての料理、寒い時期なんかはグツグツ煮立ったお鍋。
猫舌の人からすれば何度も辛い思いをしたアツアツの料理。

見ただけで軽くトラウマになってしまっても無理はありません。
ですが案外、『大丈夫』と思い込むことで、すんなり食べられたりするもんです。

今までの経験から、『熱いから危険』と脳が学習しているんです。
一度その経験を忘れてみると、というのも一つの手ですよ。

食べる際には『熱いのも平気』と自分に言い聞かせてみてくださいね。
美味しそうに食べている自分を想像すると、更に効果はあるかも!?

 

熱いものをそのまま口に入れてしまっている

こちらは食べ物を口に入れた後の食べ方に原因がある、ということです。

『ハフハフ』というように、食べ物を口に入れたら空気も一緒に含むように食べるといいでしょう。
空気に触れて食べ物が冷めていきます。

猫舌でない人は自然とこういった食べ方ができているんですね。

そこまでオーバーにしなくてもいいですが、軽く空気を入れるように意識してみることから始めてくださいね。

スポンサーリンク

『猫舌』は治せるもの!

猫舌の方は、『もともとの舌の作りが違うから?』とか『遺伝や体質的が原因じゃないの?』と思っている方もいるようです。

実は、舌の組織などをを検査してみたところ、猫舌の方とそうでない方の構造的な違いはあまり見られないんだとか。
また、神経の多さなどもほとんど違いはないとのこと。

じゃあ一体何が猫舌の方とそうでない方の違いなのか?
それは、”食べ方”の違いのようです。

上記でも少し触れましたが、人間の舌は、先の方が熱さに敏感で、奥の方は熱さを感じにくい造りになっています。
そのため、猫舌でない方は、熱いものを食べる時に自然と舌先を丸めて食べています。
熱いものが直接舌先に触れないように無意識のうちに上手に食べているんですね。

だけど、猫舌の方はこの食べ方が上手にできていません。
というよりも、その食べ方を知らないまま今まで来てしまっていたんです。

また、親が猫舌だと子供も猫舌、というケースが多いんだとか。
これは遺伝ではなく、育ってきた環境が影響している、ということが考えられます。

赤ちゃんのうちは舌を上手く使えません。
それもあって、小さい時は誰もが猫舌なんですよ。

けれど親が猫舌の場合には、子供にもアツアツのものを与えようと思いません。
熱くて辛い思いをしましたからね。

そうすると熱い物を食べる機会が減ってしまいます。
上手な舌の使い方をマスターできず、子供も猫舌のままに…。

これが、環境のせいだと考えられている理由です。

育っていく中で何度も熱いものを繰り返し食べているうちに、次第に舌の使い方が上手くなります。
こうやって私たちは熱さを感じにくい食べ方をマスターしていくのです。

食べ方は、歯の裏に舌先をくっつけるよう意識すると上手になりますよ。
最初はうまく行かないかもしれませんが、慣れるまでの辛抱です。

これで猫舌も治せるかもしれませんね!

スポンサーリンク

まとめ

実は私、長年猫舌で苦労していました。

湯気がたった熱いお料理、いつかすぐ食べたいな…なんて夢見ていましたが、ある友人に出会い、猫舌は治せると知りました。

その時に自分が舌先で食べ物に触れていると初めて知ったんです。
舌を丸めて熱いスープを飲んでみたところ、今までとは格段に熱さを感じにくく、思わず『すごい!』と声が出ました。

それに、舌を歯の裏にくっつけて舌の中央に食べ物を口に入れると、自然に空気を一緒に取り込むような形になります。すると食べ物が冷めやすくなります。
私は身をもってこれを証明しました(笑)

最初のうちは、熱いものを食べる時には意識してたのでぎこちなかったんですが、次第に無意識にできるようになりました。
今では熱い食べ物も普通に食べれるようになりましたよ。

猫舌は克服できるんです。
ぜひこの機会に猫舌を克服して、あの辛かった日々にサヨナラをしましょうね!

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • イボを取る方法!自宅で出来るイボの取り方を紹介

  • 頻尿の治し方とは?男性ならではの辛さを解決します!

  • 車酔いの治し方と対策方法!薬がなくても大丈夫!今すぐできる乗り物・車酔いの治し方と対策方法とは?

  • 加齢臭の予防方法は、ニオイの原因を知ることから!

  • 腰痛を治すための運動方法とは?まずは運動と腰痛の関係を知ることから

  • 高血圧を下げる運動をご紹介!無理せずに長く続けることが最大のコツ!