1. TOP
  2. 悩み
  3. 娘に嫌われた!?仲良くしたい父親の見直すべきポイント「思春期の娘編」

娘に嫌われた!?仲良くしたい父親の見直すべきポイント「思春期の娘編」

 2016/10/26 悩み この記事は約 5 分で読めます。

「パパのお嫁さんになりたい!」そんなことを娘から言われて、目尻が1センチも2センチも下がった経験はありませんか?娘の待ち受け画像を見せびらかしては、親ばか上等!と、相好を崩した日々もあったことでしょう。

それがある日、愛してやまない娘の口から信じられない言葉が出るのです。

「お父さん嫌い」「臭いから近寄らないで」「お父さんの洗濯物と一緒にしてほしくない」

思春期にさしかかった娘の、成長の証なのだとわかっていても、世の父親は雷に打たれたようにショックを受けるものです。愛しているからなおさら。

娘が父親を嫌うのは、一種のハシカのようなものだと言いますが本当でしょうか?すれ違った父娘の関係は、時が来れば修復できるのでしょうか?

この時期に、父親としてできることはないのかとの不安を、解きほぐしていきましょう。

 

娘に嫌われた!?仲良くしたい父親の見直すべきポイント「幼少期の娘編」

 

スポンサーリンク

娘に嫌われた!仲良くしたい父親が思春期の娘に言ってはいけない言葉

娘嫌われた仲良くしたい思春期

年頃の娘と向き合うのはとても大切なことですが、ナーバスなこの時期に、注意すべき点がいくつかあります。

体のこと、容姿のこと、性に関すること。これらは父親には触れられたくないNGワードだと知っていてください。

思春期は、子供から大人へと成長する大切な過程。初潮を迎え、体つきが丸くなり、胸も膨らみ始めます。体の変化に気持ちがついていけないために、女の子は焦ったり不安になったり、心が不安定になってしまうのです。

同時に父親を異性としてとらえるようになります。「お父さん」から「男」へ。

本当はいつまでも「お父さん」でいてほしい気持ちもあり、自分の変化に自分自身が一番戸惑っている時期。

そんなときに容姿をからかわれたり、性的な冗談を言おうものなら、父親の中の「男」の部分に過剰反応を起こして結果、「お父さん汚い! 嫌い!」と、感情的になってしまうのです。

グラビアアイドルが表紙の週刊誌を不用意に見せたりもNG。

初潮のお祝いも、口に出さないで奥さんに任せましょう。

それから娘の恋愛話にも、首を突っ込まない方がいいですね。父親としては放ってはおけないし、口出ししたくてたまらないでしょうが、どうしてもジェラシーを感じてしまうもの。

娘はそれを敏感に感じ取ります。だから「うざい」と言われる。

思春期の娘はなんて大変でめんどくさいんだ!と頭を抱えてしまったお父さんにちょっとした朗報を。

ほとんどの女の子の初恋の相手は父親です。

だからこそ、お年頃になって、他の男性に目がいくようになったあなたの娘は、なぜか父親を裏切っているような気持ちになってしまう。

それは、お父さんから自分が離れていく罪悪感なのかもしれません。

スポンサーリンク

お父さんのこんなところが嫌い!

娘嫌われた仲良くしたい思春期

理不尽のようにも思える、思春期の娘の冷たい態度に、悪戦苦闘する父親はさらにこんなことにも気をつけなければいけません。

 

年頃の娘はにおいに敏感

くさいにおいには敵意を剥きだしにします。

そろそろ加齢臭が出始める父親は恰好の餌食。タバコと加齢臭のコンビは特に最悪なので、いっそのこと禁煙をおすすめしたいものです。

 

身だしなみには気をつけて

においにも繋がるのですが、清潔感にも気をつけてください。

家の中だからといってボロボロの部屋着やパンツ一枚なんて、冷たい目で見られるだけです。

 

トイレやお風呂をきれいに使って

父親の入った後のトイレやお風呂は、なぜあんなにも汚れるのでしょうか?

と、ここまでくるともう、どうしていいやらと天を仰ぎたくなる父親の姿が目に見えるようですね。

要するに、思春期の娘はだらしがない父親が嫌い。嫌いというより見ててイライラするのでしょう。

ほんの少しの気遣いで、家族が気持ちよく過ごせるのだと思って、頑張ってください。

スポンサーリンク

父親は後ろ姿で語ってはいけない

娘嫌われた仲良くしたい思春期

不器用な父親は、あれこれ口で諭すより「後ろ姿で語る」あるいは「背中で教える」とは、よく聞く話です。

自分の生きざまを見せていれば、何も言わずとも子供たちは何かを悟ってくれるはず。
そんな都合のいい言葉に縋りついて、子供と向き合うことを諦めては、ただ背中を向けているだけになってしまいます。

かといって、口うるさい父親は当然のように嫌われてしまうもの。

その加減がわからないのが不器用な父親たるゆえんですね。

だったらどうすればいいのかと泣きたくなった時は、娘を褒める言葉を探してみてください。

娘のいいところを探してください。

例えば、成績が下がって落ち込んでいたら、「お父さんは一生懸命勉強する君を見て感心してたよ」と、結果ではなく過程を褒めるなど。

ちゃんと君を見守っているとわかってもらうためには、やはり背中を見せていてはできないのです。

 

まとめ-娘からお父さんへ。伝えたいこと、わかってほしいこと-

「あんまり暑苦しくまとわりつかないで。頑張り過ぎるお父さんは痛々しくて見ていられない。娘に弱いお父さんでいてくれていい」

「話しかけたらいいってものじゃないから。大切なのは言葉じゃなくて気遣い。無神経な冗談は最悪。体形の話なんてお父さんとはしたくない」

「お母さんとお父さんがケンカしてるとこっちも落ち着かない。二人が仲良くしてたらホッとする。お母さんを大切にしているお父さんは素敵だと思う」

思春期の娘は何を考えているかわからないと、匙を投げる前に、子供を一人の人間として、また娘を一人の女性として、扱う時期がきたのだと心得ましょう。

迷いや悩みが苦しくなったら、弱い部分を見せたっていいのです。

父親だって一人の人間なんですから。

そうやって、娘と共に成長する家族であればいいですね。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 居眠り防止!授業中に寝てしまう子供にアプリやツボもアドバイス

  • 「子供が仲間はずれにされている」と感じたとき、親だからできる3つのこと

  • 【子供のしつけ方】叱らないでしつける4つの方法を紹介

  • 子供の虫歯の予防方法!虫歯予防におすすめの食べ物でいつまでも丈夫な歯を

  • 子供の言葉遣いを直したい方必見!ダメな言葉遣いをやめさせる方法

  • 子供との遊び方がわからないパパ必見!子供がご機嫌になる遊び方(乳幼児編)