うっかり飲み過ぎて二日酔いになった時、この苦しみから抜け出す方法はないだろうかと、藁にもすがりたい気分になりますよね。

頭痛や吐き気、倦怠感で動くのも辛いという最悪な時こそ、朝ごはんを食べましょう。

そんな気分ではないかもしれませんが、朝ごはんを抜くと、長くダメージを引きずってしまいます。

食べることで体内に残っているアルコールを、素早く体外へ排出させることができるのです。

二日酔いの朝でも食べやすく、早く立ち直るために効果的な食べ物を紹介しますので、是非参考にしてください。

 

朝ごはんにおすすめはコレ

アルコールの利尿作用で体の水分バランスが崩れ、脱水状態になっているのが二日酔いです。

水分不足で消化器系への血流が減少して吐き気が起こり、脳への血流が滞って頭痛になります。

また、アルコールを分解する時に肝臓で発生するアセトアルデヒドという物質に毒性があり、二日酔いの諸症状の原因になります。

水分を摂って脱水を緩和し、アセトアルデヒドを早く体外へ排出させることが、二日酔い脱却への近道なのです。

しじみの味噌汁

二日酔いには味噌汁がいいと聞いたことはありませんか?

味噌には、肝臓の機能を助ける良質なタンパク質ミネラルが含まれています。

味噌汁にすることで、水分補給にもなります。

何より、胃腸に優しい味と香りで、気分の悪い朝でも飲みやすいですね。

具材を足すことで栄養補給をし、水分でアルコールを排出させ、肝機能を回復させるという、二日酔いにはもってこいの食べ物です。

さらに、もっと効果的にさせる味噌汁の具材がしじみです。

二日酔いのためにあるのではないかと思うほど、しじみの味噌汁効果は絶大なのです。

 

しじみの味噌汁の効果

アミノ酸

しじみには多くの必須アミノ酸が含まれています。

アルコールで弱った肝臓を、必須アミノ酸が修復してくれます。

この必須アミノ酸は、バランスによって効果が変わってくるのですが、しじみの必須アミノ酸はとても効果的なバランスで含まれているのです。

オルニチン

オルニチンはアミノ酸の一つで、体内のアルコール分解を促します。

新陳代謝をよくする働きもあり、弱った肝臓に溜まったアンモニアを分解して、尿として排出させます。

オルニチンは体質改善にも効果があり、肝臓を強化すると同時に、ダイエットも期待できる成分です。

タウリン

タウリンもアミノ酸の一つで、肝臓の解毒作用を促してくれます。

血中コレステロール値を下げる働きもあるので、高血圧や心臓病などの生活習慣病にも効果があります。

グリコーゲン

グリコーゲンは炭水化物の一種で、効率のよいエネルギー源です。

肝臓を酷使した時にはこのグリコーゲンがエネルギーとして効果を発揮します。

ビタミン

しじみにはビタミン、特にビタミンB群が豊富に含まれています。

造血作用のあるビタミンB群は、間接的に二日酔いの早期解消に役立ちます。

このように、しじみの味噌汁は、しじみの豊富な栄養と、味噌汁のタンパク質などで、肝臓の働きを助け、新陳代謝を促し、アルコール分解を進めます。

また、しじみは冷凍しておくとその成分がさらに増強されるので、イザという時のために、砂ぬきしたしじみを冷凍しておくのもおすすめです。

気をつけていただきたいのは、味噌汁の塩分はむくみの原因になりやすいので、二日酔い後の味噌汁は少し薄めにするといいでしょう。

その方が、さらに飲みやすくなると思います。

 

効率よく手軽にしじみの成分を摂るならコレ

非常に多くの栄養が含まれ、二日酔いにはもってこいのしじみの味噌汁なのですが、成分的に熱に弱いという弱点があります。

ビタミンの3割~5割は、調理中の熱で失われてしまうでしょう。

また、常にしじみを用意しておくというのも、実際難しいですよね。

足りない栄養素を補い、手軽にしじみ成分を摂取したい時には、サプリメントを利用するのも一つの方法です。

効果的なおすすめサプリメントを紹介していきますので、参考にしてください。

しじみにんにく極み

しじみにんにく

しじみの栄養価と、にんにくの滋養強壮をコンビにしたサプリメントです。

2粒でしじみ500粒分の栄養があり、にんにくの硫化アリルという成分が吸収を助けてくれるという、効果的な組み合わせです。

ににく成分は無臭なので、朝から飲んでも大丈夫です。

飲み続けることで肝臓の活力が期待できるので、お酒を飲む機会の多い方には心強いサプリメントです。

通常価格 1,980円
定期購入申し込み 初回半額990円(送料無料) 2回目以降1,782円

 

しじみん

しじみん

国産のやまとしじみを使用し、身から貝殻まで丸ごと使っているのが特徴です。

オルニチン成分で、二日酔いをスッキリさせた後を維持させるのに、この貝殻を使った「カルサイト」に含まれるカルシウムが効果を発揮します。

二日酔い予防、疲労回復、目覚めのすっきり感も期待できるサプリメントです。

しじみの味と匂いがします。

苦手な方は気をつけてください。

おトク定期コース 初回30日分 1,000円(送料無料)
通常価格(180粒) 4,104円+送料500円(おトク定期コースは送料無料)

 

Wのオルニチン

Wのオルニチン

天然オルニチン発酵オルニチンを配合。

栄養価の高いやまとしじみを、手作業で30時間煮込んでエキスにするという、130年続いた製法の日本最古のサプリメントです。

効率化」よりも「本物の滋養食」を目指しているのが特徴です。

手間暇がかかっているので無料サンプルはありません。

その分、科学的成分抽出ではない素材そのものの良さにこだわっています。

定期お届けコース 初回半額2,450円(送料無料)
通常価格 4,900円

 

レバーザイム

レバーザイム

オルニチンタウリンの他に、良質なタンパク質であるレバーエキスを含みます。

ビタミンB2ビタミンEなどの相乗効果で、二日酔いの元であるアセトアルデヒドの分解を促進。

さらに、オメガ3脂肪酸倦怠感改善にも効果的。

アルコール摂取に伴う高血圧の予防も期待できます。

web限定体験モニター 980円(20粒10日分)
通常価格 2,160円

 

宍道湖しじみ

宍道湖しじみ

宍道湖で採れる大黒しじみを使用。

アミノ酸量が多く、しじみ1000個分のオルニチンを4粒で摂れるのが特徴。

広島産牡蠣エキスタウリンも含まれているので、肝機能向上にも良い働きをします。

また亜鉛も多く含まれ、不足しがちな栄養素を手軽に摂取できます。

定期コース申込で初回限定 1,000円(送料無料) 2回目以降1,555円
通常価格 1,728円

 

 

その他の二日酔いにおすすめの食べ物

柿は果糖を多く含み、肝機能代謝を高めます。

飲む前に食べると、二日酔い防止にもなります。

 

梅干し

ピクリン酸肝機能を助け、クエン酸疲労回復を促します。

酸性に傾いている二日酔いの体に梅干しのアルカリ性で、回復を早めます。

 

大根おろし

つらい吐き気に、消化を助ける酵素を含む大根おろしが効果あり。

豊富なビタミンCは、アルコールの分解にも大活躍です。

 

スポーツドリンク

脱水症状緩和の水分補給と、アルコール分解を促進する果糖も含むので、一石二鳥。

吐き気がひどくて何も受け付けない時でも、せめてスポーツドリンクは飲んでください。

 

スムージー

アルコールと一緒に排出されたカリウム補給のためのバナナと、ビタミンクエン酸たっぷりなグレープフルーツのスムージーはいかがでしょう。

気持ちの悪い朝でも、美味しく飲めてスッキリすると思います。

 

二日酔いになる前に、なった後の対処方法の記事9選

できれば、二日酔いになる前に何らかの対処法歩があればやっておきたいですよね。

それでも朝になったら、やっぱり二日酔い…という場合でも、「しじみの味噌汁」以外にも二日酔いの辛さを抑えてくれる方法はあります。

そんな二日酔い撃退方法をまとめた記事を紹介しておきます。

一度ご覧になり、頭の片隅にでも保存しておいてくださいね!

 

お酒を飲む前の対処方法からお酒の飲み方について

二日酔いにならない飲み方は?3つのポイントを守って楽しくお酒を飲もう!

二日酔い予防の薬で最強なのは牛黄!?効果や入手方法を紹介

二日酔いの予防にはお酒を飲む前に錠剤サプリを飲む!ドリンク剤よりも携帯に便利

 

お酒を飲んで帰ってきた時に、寝る前にやっておきたいこと

二日酔い防止は寝る前でも間に合う!?水を味方につけて二日酔いを撃退しよう!

二日酔いの対処はドリンク剤が簡単手軽!お酒を飲む前・飲んだ後のおすすめドリンク剤

 

残念!既に二日酔いになってしまった時の対処方法

二日酔いで頭痛い!のを治すにはどうしたいい?すぐに楽になる4つの方法

二日酔いに効く飲み物は栄養ドリンク!手軽にコンビニで買えるのはコレ!

二日酔いを治す方法!今すぐ治したい方必見!

二日酔いによる吐き気の治し方!即効性のある薬と方法を紹介

 

まとめ ―二日酔いにならない一番の予防法―

辛く苦しい二日酔いの朝には、まず水分補給です。

そして少し無理をしてでも、二日酔いに効果的な食べ物を摂ることが、二日酔いを乗り越える最短コース。

何も食べないのは、二日酔いには大NG行為であると、覚えておいてください。

しじみという心強いスーパーフードを利用したり、サプリメントなどで予防、肝臓強化するなどして、上手に二日酔いを乗り越えましょう。

また、二日酔いになってしまうような時は、体調が悪かったり寝不足だったりするので、体調管理も気をつけてください。

その前に、適量を守ることこそが、二日酔いの一番の予防法だと、心得ましょうね。