1. TOP
  2. 悩み
  3. 高血圧の人の食事でダメなものを5つご紹介!意外と知らずに食べている?

高血圧の人の食事でダメなものを5つご紹介!意外と知らずに食べている?

 2016/10/22 悩み この記事は約 6 分で読めます。

今回は、高血圧の人が摂る食事でダメなものや気を付けたいものをご紹介。

食事として摂るものが体を作っていきますから、高血圧に良くない食品は避けたいものですよね。

摂らない方がいいもの、食べてはだめなものを知ることで、食事に関する正しい知識を身につけることが大切です。

ここでは、高血圧の人が食事で摂ってはいけない「5つのダメなもの」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

高血圧の人が食事で摂ってはダメなもの5選を紹介

今回は、高血圧の人が食事で摂ってはダメなものをご紹介しますが、摂ってはいけない「成分」ではなく、実際の食事内容に近い形で説明していきますので、すぐに実生活の食事内容に活かせると思います。

その中でも代表的な「ダメなもの」を5つ選んでご紹介します。

 

控えたいのは塩分…しょっぱいものは「ダメ」!

高血圧食事ダメ

血圧が高くなってくると、「塩分を控えめに」とお医者さんから言われることがあります。

塩分は血管に悪い影響を及ぼし、高血圧を悪化させてしまうためです。

塩分は知らず知らずのうちに摂ってしまいがちですから、気をつけなければなりません。

調味料の使い過ぎに気を付ける、出来合いのものはなるべく控える…というのも勿論ですが、「白米のお供」とも呼べるようなおかずにも注意を。

例えば、明太子やタラコなどの魚卵や、塩辛などの珍味類。

こういった「塩蔵品」や「塩漬け」と呼ばれるものは、塩分をたくさん含んでいますから避けることが望ましいです。

どうしても食べたい場合は、水に1時間程度つけて「塩抜き」を行うようにしましょう。

また、梅干しやたくあんといった「お漬物類」や、佃煮類にも要注意。

塩漬けではなく「酢漬け」のお漬物もありますから、こちらに替えてみると良いかもしれません。

スポンサーリンク

ルーを使ったメニューにも、用心しなきゃ「ダメ」!

高血圧食事ダメ

子どもからお年寄りまで、幅広い世代からの人気を誇る「カレー」。

市販のルーを使うと手早く調理できることから、食卓に並ぶ機会も多いかもしれません。

しかし、市販のルーには多くの塩分が使用されています。

カレーは1杯につき約6gの食塩が含まれているとも言われ、高血圧の方は避けた方がいいメニューなのです。

ですからカレーを作るときは、市販ルーの使用を控える、使用するルーの量を減らして溶き片栗粉やお出汁を混ぜてのばす…といった工夫をしてみましょう。

同様に、ハヤシライスやシチューにもたくさんの塩分が含まれますから、気を付けてくださいね。

 

血液をドロドロにしてしまう、動物性脂肪の摂りすぎは「ダメ」!

高血圧食事ダメ

高血圧の方は、「動物性脂肪」にも気を付けましょう。動物性脂肪とは、お肉など動物性の食品に含まれる脂肪のこと。

血管を丈夫に保ってくれる働きがありますが、摂りすぎると血中の悪玉コレステロールを増やしてしまいます。

その結果、血液をドロドロにしたり動脈硬化を引き起こしたりして、血圧をあげてしまうのです。

動物性脂肪は牛乳や乳製品のほか、チョコレートやケーキのような洋菓子、ポテトチップスなどのスナック類、インスタント食品、ハンバーガーのようなファストフードにも含有されています。

口にする機会が多いものばかりですが、摂りすぎないように注意。

動物性脂肪の多いお肉類を食べるときは、一緒に野菜も摂るように心がけてください。

野菜には、動物性脂肪を分解してくれる働きがあります。

また、適度な運動も心がけ、悪玉コレステロールを溜めないようにしましょう。

スポンサーリンク

甘いものの摂りすぎにも気をつけなきゃ「ダメ」!

高血圧食事ダメ

塩分や動物性脂肪とともに気を付けたいのが「甘いもの」、つまり「糖質」です。

糖質に含まれるブドウ糖は、疲労の回復に役立ち、即効性のあるエネルギー源として貴重なものです。

脳にとっては唯一のエネルギーにもなりますから、必要不可欠な栄養素であると言えます。

しかし摂りすぎてしまうと、万が一のエネルギー不足に備えて、私たちの体は過剰な糖分を溜めこんでしまいます。

糖分は脂肪分に作り替えられて蓄積していきますから、結果的に血中のコレステロールや中性脂肪が上昇し、血圧が高くなってしまうのです。

とは言え、甘いものを完全に断つのはなかなか難しいですね。

そこで、食べる時間帯や頻度に少し工夫をしてみましょう。

昼間から夕方にかけては、食べたものが比較的体脂肪になりにくいと言われています。

ですから、甘いものを食べるのは週に1~2回程度に抑え、昼間~夕方の時間帯に摂るようにする…という具合。

血糖値などによるところもありますから、お医者さんとも相談しみてくださいね。

 

お薬とグレープフルーツを一緒にとっては「ダメ」!

高血圧食事ダメ

すでにお医者さんに掛かっており、高血圧のお薬を服用している方もいらっしゃるでしょう。

薬の種類によっては、服用中に摂取を避けるように伝えられる食べ物もあります。

代表的なものが、「グレープフルーツ」。

グレープフルーツは、高血圧改善のために用いられる「カルシウム拮抗薬」と非常に相性が悪いのです。

グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン」という物質は、代謝(薬を分解し体外に排出する働き)を阻害し、薬を長く体内にとどめてしまいます。

その結果、薬の効果を必要以上に強くしてしまい、過度な血圧低下や心拍数の増加などの副作用が出現する場合があるのです。

フラノクマリンはグレープフルーツ以外にも、スウィーティーやハッサク、夏ミカンなどにも含まれます。

また、果実だけでなくジュースにも含有されていますから注意してくださいね。

ちなみにカルシウム拮抗薬の代表例としては、カルブロック錠やアテレック錠、コニール錠といったものがあります。

ご自身のお薬の分類が分からない場合は、お医者さんや薬剤師に尋ねてみることが大切です。

 

まとめ-高血圧に優しい食事で、心身を健やかに!-

高血圧の方に向けた食事について、避けた方がいいものをご紹介してきました。

まずは塩分を控えた食事を摂ることを心がけること、特ルーを使ったメニューには注意が必要です。

また、動物性脂肪や甘いものの摂りすぎは、高血圧を悪化させる恐れがありますから気を付けましょう。

グレープフルーツを高血圧のお薬と一緒に食べるのもご法度です。

とは言え、食事を楽しく摂ることは心にも体にも大切なことです。我慢のしすぎはよくありません。

ぜひ、全体のバランスを見ながら食事内容を考えてみてくださいね。

体にも心にも優しい食事をとって、心身の健康を保っていきましょう!

 

この記事もおすすめです

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 毛細血管を甦らせて若返り!黒千石大豆の黒豆茶ときなこで血管強化と体のむくみ改善!

  • 男性でもかかる更年期障害!その症状と原因、対策は?

  • 腰痛を治すには食事内容と食事方法を見直すことも大切!

  • 偏頭痛の原因別の対処方法!これで辛い偏頭痛ともサヨナラ

  • 腰痛を治す方法とは?今すぐ楽になる腰痛の対処法を紹介!

  • 腰痛を治すための運動方法とは?まずは運動と腰痛の関係を知ることから