1. TOP
  2. 悩み
  3. 加齢臭の予防方法は、ニオイの原因を知ることから!

加齢臭の予防方法は、ニオイの原因を知ることから!

 2016/10/04 悩み この記事は約 6 分で読めます。

年齢を重ねるにつれて、徐々に気になってくるのが加齢臭。誰にでも起こる現象ですから、しっかり予防をしてケアしていきたいですね。

いつまでも爽やかな印象を保つために、今回は加齢臭予防の方法についてピックアップしてみました。

スポンサーリンク

加齢臭の予防方法は、ニオイの原因をキレイさっぱり洗い流すことから

加齢臭 予防 方法

一般的に、加齢臭の原因は「皮脂」にあると言われています。皮脂に含まれる脂肪酸が皮膚の上で分解されることで、「ノネナール」という物質に変化します。これが、あの独特のニオイを発しているのですね。

特に30代から40代は、皮脂が一番出やすい時期。この時期に加齢臭が気になりだすのも、皮脂の分泌が増えるからであると考えられます。

対策としては、毎日のお風呂で皮脂を十分に洗い流すことが有効です。皮脂腺の多い「首や耳の後ろ」、「Tゾーン(額と鼻のライン)」、「わきの下」などを中心に、丁寧に洗ってくださいね。

洗っていく手順としては、まず十分にかけ湯をしたあと湯船につかり、全身の毛穴を開きます。

 

皮脂の出る面積が多い頭から洗う

体が温まったら湯船から上がって、まずは頭を洗いましょう。

お湯で頭皮の汚れを十分に落としたあとに、シャンプーを手で泡立て頭につけます。しっかり洗ったら、シャンプー成分が残らないよう、十分にすすぎます。

頭皮は皮脂の出る面積が広いので、確実に汚れを落としましょう。

 

体はニオイの気になる部分を中心に!

さて、次は体です。

体を洗うときは、「石鹸を使う」ことが重要です。ノネナールは水溶性の物質ですからお湯だけでも落とすことができますが、ノネナールのモトとなる「過酸化脂質」は脂溶性。お湯だけでは落ちづらいのです。

石鹸を手で泡立てたら、洗い忘れのないように全身をやさしく洗っていきましょう。ニオイの気になる部分を中心に丁寧に洗ったら、お湯ですすいで完了です。

 

頭皮も体も、ゴシゴシ洗いは要注意!

頭皮も体も、あまりゴシゴシ洗うと、肌を守ってくれる細菌まで落としてしまうので要注意。お風呂から上がったあとに痛みや乾燥を感じる場合は、力が入りすぎているサインですから気を付けましょう。

スポンサーリンク

加齢臭予防に頼れる味方!デオドラント製品

加齢臭 予防 方法

頭皮や体を洗うことは、加齢臭を最も予防する方法の一つではありますが、時間が経てばどうしても効果が薄まってきます。特に夏場などは、時間の経過につれて“ニオイは大丈夫かな…”と不安になってきますよね。

そこでオススメしたいのが、殺菌・消臭効果のある「デオドラント製品」を使うことです。

朝出かける前に塗布しておくものや、ニオイが気になったときにサッと使うものなど、使用方法は様々。

スプレーやジェル、クリームなどのタイプも色々とありますので、お好きなものを試してみるのがいいかもしれません。

 

加齢臭予防とニオイ取りに効果を発揮する「ミョウバン水」がオススメ

加齢臭予防で最近話題になっているのが「ミョウバン水」。ミョウバンは水に溶けると酸性になる性質があり、汗や皮脂に含まれる雑菌の繁殖を防いでくれるのです。

ミョウバン水の作り方は、ミョウバン50gに対して水1.5Lを加えて混ぜ、一晩おいておきます。ミョウバンが溶けて、液体が完全に無色透明になれば「ミョウバン水の原液」の出来上がり。

体に使う場合は、これを10倍ほどに薄めて使用します。直接スプレーするよりも、ミョウバン水を浸したコットンやガーゼなどで気になる部分をふき取ると、ニオイの防止や軽減につながります。

ミョウバン水は、加齢臭だけでなく汗のニオイも抑えてくれるので、試してみる価値がありそうです。更に、ニオイ移りしてしまったワイシャツや枕カバーなどにスプレーすると、ニオイが消えるだけでなくカビまで防いでくれるというから驚き。

ミョウバンは、スーパーや薬局で手に入ります。その際「焼きミョウバン」と「生ミョウバン」の二つがあることがありますが、どちらを使っても効果に違いはないようです。

 

加齢臭予防に「制汗スプレー」の使用は要注意!

一方で、加齢臭の予防法として混同されがちなのが、「制汗スプレー」。

これは、例えば脇の下など汗をかきやすい場所にスプレーすることで、「汗が原因で発生するニオイ」を抑えてくれます。ですから、嫌なニオイを抑えてくれるという点では効果があります。

しかし、汗と加齢臭とではニオイの発生するしくみが異なりますから、加齢臭予防としてはこれだけでは不十分です。また、“制汗スプレーの香りと加齢臭とが混ざって、変なニオイになる”というのも耳にする話です。

制汗スプレーのみで加齢臭に対応するのは危険である、と言えそうです。

スポンサーリンク

加齢臭の予防を、体の内側から行う方法とは?

加齢臭 予防 方法

さて、ここまで加齢臭の対策を見てきましたが、これらの方法はあくまで対処療法にすぎません。やはり一番の予防法は、生活習慣の改善です。

 

加齢臭のモトを増加させる「活性酸素」に要注意!

加齢臭の原因はノネナールという物質であるとご紹介しましたが、このノネナールのモトとなる過酸化脂質を増加させるのが「活性酸素」と呼ばれる物質です。これを体内で作らいなことが、加齢臭の根本原因を断つためには肝要です。

 

ストレスや疲労の蓄積は加齢臭を誘発する

活性酸素を増やしてしまう原因はいくつか考えられますが、中でも危険度の高いものは「ストレスや疲労を蓄積すること」です。ストレスや疲労は、加齢臭を誘発するだけでなく、「ストレス臭」や「疲労臭」と呼ばれる別のニオイの原因にもなり、注意が必要です。

“少し疲れ気味かも…”というときは無理をせずに、休養したり趣味に没頭したりしてリフレッシュしてくださいね。

 

タバコは加齢臭を誘発する

また、タバコを吸うことでも活性酸素は発生します。タバコが好きな方にとってはつらいかもしれませんが、量を減らしたり、いっそのこと禁煙することを視野に入れた方がよさそうです。

 

加齢臭の予防に、食生活の改善は効果的

同時に、食生活にも気を配ってみましょう。

野菜や果物などにたくさん含まれている、「ビタミンC」や「ビタミンE」には、活性酸素を抑える働きがあります。

積極的に、野菜や果物を食事に取り入れることで、体の内側から加齢臭を予防しましょう。

 

まとめ

加齢臭 予防 方法

今回は、加齢臭の原因と予防方法について、ご紹介してきました。加齢臭は、原因を知り、予防方法を実践していくことで、確実に減少させることができます。

まずは、すぐにできる、入浴時の頭皮や体の丁寧な洗浄から始めてみましょう。それに加えて、食生活の改善を行っていくことで、加齢臭は徐々におさまっていきます。

しばらくは、「デオドラント製品」などを併用することで、加齢臭を抑えることもできます。その中でも、「ミョウバン水」はおすすめです。

今日から少しずつ始めてみませんか。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 視力回復の方法を知りたい!自宅でできる視力回復トレーニング法(近視編)

  • 「物忘れ」と「認知症」は違う!?今すぐできる予防方法とは?

  • 子供の虫歯の予防方法!虫歯予防におすすめの食べ物でいつまでも丈夫な歯を

  • 今すぐ消したい足の匂い!緊急時の対処法と、足の匂いを消す対策

  • 腰痛を治す布団の選び方を徹底解説!寝ながら腰痛を改善する方法とは?

  • 車酔いの治し方と対策方法!薬がなくても大丈夫!今すぐできる乗り物・車酔いの治し方と対策方法とは?