1. TOP
  2. 悩み
  3. 仮面うつ病の症状と原因を知りたい!「もしかして?」と思った時のチェック方法

仮面うつ病の症状と原因を知りたい!「もしかして?」と思った時のチェック方法

悩み この記事は約 5 分で読めます。

「仮面うつ病」という病をご存知ですか?

イメージの湧きづらい名前かもしれませんが、とても見つけにくい「うつ病」の一つなのです。

今回は、その症状や原因についてご紹介します。

一緒に仮面うつ病に対する理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

仮面うつ病の症状と、その原因を詳しく解説

仮面うつ病とは、「ほかの症状が出ているために、うつ病本来の症状が分かりにくくなっているうつ病」を指します。

うつ病が、あたかもほかの症状を“仮面”としてまとっているような状態であることから、この病名が付いています。

よって、その症状の本質は「うつ病」にありますが、「うつ症状以外の症状が主訴である」というのが一般的なうつ病と異なる点です。

 

仮面うつ病の症状

仮面うつ病原因症状

仮面うつ病で主にみられるのは、身体的な症状です。

お腹の痛みや頭痛、倦怠感などがよく訴えられ、多くの人は体の病気を疑って内科を受診します。

しかし検査をしても原因が見つからないだけでなく、服薬などの治療によっても症状が改善しません。

そうなった時に、「仮面うつ病」の疑いがもたれます。

訴えられる症状としては

めまい、耳鳴り、胸部圧迫感、睡眠障害(過眠、不眠、悪夢、早朝覚醒など)、消化器症状(便秘、下痢、頻尿、食欲不振など)、性欲減退、ほてり、動機、発汗、しびれ、身体の慢性的な痛み

など、様々なものがあります。

仮面うつ病でも、抑うつ(憂うつな気持ち)や興味の喪失、不安などのうつ症状は現れます。

しかし一般的なうつ病よりも軽度、あるいは見落とされるほどわずかであるため、その発見が遅れてしまう傾向にあります。

 

仮面うつ病の原因

仮面うつ病原因症状

繰り返しになりますが、仮面うつ病の身体的・精神的症状の原因は「うつ病」にあります。

うつ病のメカニズムはまだ完全に分かっていませんが、脳の神経伝達物質である「モノアミン」が関係していることが明らかになってきました。

モノアミン(セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミンなど)は、強いショックやストレスを受けた場合や、遺伝、体質などの内的な要因が作用して、その働きが弱まってしまうことがあります。

すると、気持ちの落ち込みややる気やの低下、興味の減退といった状態が現れ、この状態がひどくなることでうつ病を発症させてしまいます。

仮面うつ病は、一見すると身体的な症状が目立ちますが、治療を進めていく中でこういったうつ症状の存在が見えてくる場合がほとんどであると言われています。

スポンサーリンク

仮面うつ病の治療法とは?

仮面うつ病原因症状

仮面うつ病は、基本的にはうつ病と同じ治療で改善されます。

すなわち、「休息」、「服薬(抗うつ薬など)」、「精神療法(カウンセリングなど)」の3本柱です。

以前は「抗うつ薬」と言うと副作用があり、患者さんにとって負担の大きなものでした。

しかし現在は、SSRIやSNRIと呼ばれる副作用の少ないお薬が開発されており、効果を発揮しています。

また、必要に応じて身体的な症状に対する投薬も行われます。

身体症状へのケアは仮面うつ病そのものの治療にはなりませんが、患者さんの苦痛を軽減するという意味で有効であると言えます。

 

「仮面うつ病かも?」と思った時にチェックすることとは?

仮面うつ病原因症状

仮面うつ病は「一番見つけにくいうつ病」と言われるほど、その診断が極めて難しいものです。

身体症状は様々であり、「この症状が出たから仮面うつ病だ」と簡単に言い切ることはできません。

しかし、体や気持ちの状態を本人が正確につかむことで、発見を早めることはできます。

  • 身体症状があるが、検査をしても原因がはっきりしない。
  • 内科などで治療を受けているが、症状が改善されない。
  • 身体症状は、午前中よりも午後の方が少し軽い。
  • 外出をしなくなった。
  • 好きな趣味をやらなくなった。
  • 仕事に集中できない。
  • 死にたい、消えてなくなりたい、といった気持ちがわいてくる。

上記のような状態が見られるなら、それはもしかすると仮面うつ病かもしれません。早めに主治医に相談することが大切です。

スポンサーリンク

仮面うつ病になりやすいタイプ

仮面うつ病原因症状

一般的なうつ病と同様に、仮面うつ病に罹患しやすい性格傾向も存在します。

例えば、以下のような要素があげられます。

  • まじめ、几帳面。
  • 完璧主義的で、融通が利きにくい。
  • 責任感が強く、仕事熱心。
  • 休息をとるのが苦手。
  • 他人に迷惑をかけることを恐れ、我慢しやすい。
  • 周りからの評価がとても気になる。
  • 何か失敗すると、自分を責めてしまう。

こういった特徴の共通点は、「自分に厳しい人である」ということ。

そのため、気分の落ち込みやつらい気持ち、精神的なストレスなどをさらけだせないことに加え、弱気になる自分を認められない場合が多くあります。

こういった背景から、仮面うつ病では口に出せない精神症状に代わって身体症状が前景に現れてくる、と考えられています。

 

まとめ-身体症状は「心のSOSサイン」-

うつ病を覆い隠すようにして身体症状が現れる、「仮面うつ病」。

その原因は、脳の伝達物質の働きが弱まることにあり、治療には「休息」「服薬」「精神療法」が用いられるのが一般的です。

また、仮面うつ病に罹患する人の多くが「自分に厳しい人」であることも分かってきました。

つい無理をして頑張ってしまう人ほど、自分がうつ病であると認めることが難しいものです。

しかし、体の症状は心のSOSサインであり、これまで十分に頑張ってきたからこそ現れるもの。手抜きや甘えなどではありません。

どうぞ無理をせず、主治医や臨床心理士へ早めに相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • パチンコをやめる方法!今すぐパチンコ依存症を治したい人必見!

  • 人間不信を克服する方法!人を信じられないあなたに試してほしい5つのこと

  • コメダ珈琲の「シロノワール」を注文するのが恥ずかしい!男一人でも食べに行ける方法を伝授!

  • 怒りっぽい性格を直したい人へ!怒りをしずめる2ステップを解説!

  • 会社に行きたくない時はどうすればいい?今すぐあなたに伝えたい3つのこと

  • 神経質な性格を変えたい!もっと大胆になって人生を楽しむには?