1. TOP
  2. 悩み
  3. 会社に行きたくない時はどうすればいい?今すぐあなたに伝えたい3つのこと

会社に行きたくない時はどうすればいい?今すぐあなたに伝えたい3つのこと

悩み この記事は約 6 分で読めます。

“何だか会社に行きたくない…”という気分の日は誰にでもあるものですが、どうすればいいか悩んでしまいませんか?

頭では“行かなくてはいけない”と思っていても、いざ休もうとすると気後れするもの。

今回は、会社に行きたくない時にどうすればいいのか、臨床心理士である筆者の視点からまとめてみました。

スポンサーリンク

会社に行きたくない…こんな時、どうすればいい?

会社行きたくないどうすればいい

会社に行きたくないと感じている人の中には、“行ってしまえば何とかなるけれど、家を出るまでが憂うつだ”ということがよくあります。

そんな時は、以下の方法を試してみると良いかもしれません。

 

1.「今日1日“だけ”を乗り切る」と意識する

人はネガティブな気持ちである時ほど、物事を大きくとらえてしまう傾向があります。

会社に行きたくない…と気持ちが落ち込むと、出社しようとすることが、より大きな困難に思えてしまうのです。

そんな時は、「今日1日だけ◯◯◯、何とか乗り切ろう」という意識を持ってみましょう。目標の単位を細かくすることで、ゴールが明確になり、気持ちが楽になります。

実際に休むかどうかは明日の自分に委ね、まずは、その日1日を乗り切る意識を持つことが大切です。

 

2.仕事後のことを考える

“会社に行きたくない…”と思った時は、「仕事を終えて自由になった自分」について考えてみるのも有効です。

人の意識は、同時に2つ以上のことをとらえるのが苦手。ひとたびネガティブな気持ちになると、どうしてもその気分に意識が集中してしまいがちなのです。

ですから、「嫌だ!」という気持ちから距離をとることで、意識を切り替えてあげる必要があります。

仕事後の友人との予定や、家でビールを飲む自分など、自分にとって楽しく思えることを想像してみましょう。

つらい気持ちがほぐれていくことがあります。

 

3.とにかく体を動かし始める

2と同じように、憂うつな気持ちから距離をとる方法の一つです。

“会社に行きたくない”という気持ちに気が付いたら、とにかく手足を動かして朝の支度を始めてしまいましょう。目の前の作業に意識が集中することで、徐々に暗い気持ちが和らいでいきます。

支度をしながら、甘いものを摂るのもオススメ。甘いものは脳や体にエネルギーを行きわたらせ、やる気を起こしてくれます。

食欲のない時は、チョコレートをかじるだけでもOKです。

 

4.シャワーを浴びて脳をスッキリさせる

朝から気分が沈んでしまう時は、熱めのシャワーを浴びてみるのも良いでしょう。

それまで休んでいた「交感神経」が刺激され、脳も気持ちもシャキッとしてきます。温度は40℃程度が目安です。

朝のシャワーは血圧をあげてしまうこともありますから、お風呂場の温度を高くしておいたり、ぬるめのお湯から浴び始めたりする工夫もしてみてくださいね。

スポンサーリンク

行くべき?休んでもいい?迷った時のチェックリスト

会社行きたくないどうすればいい

気持ちを切り替える努力はしてみたけれど、それでも会社に行きたくない…。

時には、思い切って休みをとるのも良いでしょう。

しかし、いざ休もうとすると、本当にそれでいいのか迷ってしまう場合もありますね。

そんな時は、以下のチェックリストを参考にしてください。

「YES」の項目はいくつありますか?

  • 発熱や腹痛など、体に明らかな不調がある。
  • 重要な会議やクライアントとの約束はない。
  • 自分が休むことで、多大な損害を与える人はいない。
    (申し訳なく感じると言った“気持ちの観点”からではなく、実際に損害があるか?)
  • 急ぎの案件はない。
  • 有給休暇が残っている。
  • このところ残業や時間外勤務が続いていた。
  • このまま会社へ行っても、きちんと仕事ができなさそうだ。
  • いつもなら休まないが、なぜだか今日はどうしても行きたくない。

当てはまるものが多いほど、休みをとってもよいタイミングだと言えるかもしれません。

一方、心配になる項目があるならば、後々の自分のためにも今日は出社しておいた方がベター。

気持ちを整理して、まずは今日1日分のタスクをこなしてみることを考えましょう。

スポンサーリンク

「会社に行きたくないのは甘え」だと感じていませんか?

会社行きたくないどうすればいい

繰り返しになりますが、“会社に行きたくない”という気持ちは誰にでもわくもの。

一般的には、時間の経過と共に調子を取り戻すことができます。ですから、思い切って休んでみるのも時には大切なことです。

ところが、「いつまで経っても憂うつな気持ちが晴れない」「よく眠れない」というように、会社に関するストレスが、生活に重大な支障をきたすことがあります。

その代表的な例が、「うつ病」。

40代~50代におけるうつ病の罹患率が、欧米諸国に比べて高くなっているのが今の日本社会の特徴です。

上であげた点以外にも、

  • 食欲がない
  • ささいなミスが増えた
  • 体が重くて何もできない(したくない)
  • やる気や集中力がなくなった
  • 今まで楽しいと思えていたことに興味が持てない
  • 自分は何の役にも立てない人間だと感じる

といったことが見られるなら、それは心の病気である場合があります。

そして、そういった人ほど“自分は甘えている”、“自分の努力が足りない”と自罰的になり、無理をしてしまいがちです。

休むことや手抜きをすることにひどく罪悪感を覚え、物事をうまくこなせないと感じては落ち込んでしまいます。

また、最近では「新型うつ病」と呼ばれる非定型うつ病も増えてきています。

このうつ病では、「自分の興味があることには積極的になれるが、どうしても仕事をすることができない」という症状が見られます。

これらの状態は、心と体がくたびれてしまったサイン。休息をとり、心身をほぐしてあげる必要があります。

そんな時に“休みたい”と感じるのは当然であり、決して甘えなどではありません。

心の病は一人の力だけでは克服するのが難しいもの。ぜひ、カウンセリングルームや心療内科で相談してみましょう。

解決のヒントが見つかるかもしれません。

 

まとめ

“会社に行きたくない、どうすればいいだろう…”という人に伝えたいことを、臨床心理士の視点からお話してきました。

少しでも参考になるものがあれば嬉しいです。

“会社に行けば何とかなる”と分かっているならば、まずは出社する努力をしてみましょう。

体を動かしたり熱いシャワーを浴びたりすると、体も心も少しずつほぐれてきますよ。

それでも出社するのが難しいようであれば、休むことを視野に入れてもいいかもしれません。その時は、チェックリストを参考にしてみてくださいね。

そして、状態があまりにも深刻な場合は、迷わず専門医や臨床心理士に相談してください。特に、“休むなんて甘えている”と感じてしまう人ほど要注意。

心の緊張がとければ、また自然と仕事へ向かう意欲がわいてきますよ。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人間不信を克服する方法!人を信じられないあなたに試してほしい5つのこと

  • 神経質な性格を変えたい!もっと大胆になって人生を楽しむには?

  • あがり症を克服する方法!人前で緊張せずに、のびのびと話せるようになるには?

  • 物欲を抑える方法を知りたいあなたへ!これさえ知れば、もう月末は怖くない!?

  • 人の目が異常に気になるのを克服したい!他人の目を気にせず楽に生きるには?

  • 苦手意識を克服する方法は意外と簡単?!気軽に試せる4つの方法