1. TOP
  2. 悩み
  3. 子供の帰りが遅い時の対処方法は!? 親がとるべき5つの行動!

子供の帰りが遅い時の対処方法は!? 親がとるべき5つの行動!

悩み この記事は約 5 分で読めます。

小さいときにはどこに行くにも親と一緒に行動していた我が子。小学校にあがる頃には一人でどこかに遊びに行くようになります。

前より成長したとはいえ、まだまだ小さく可愛いくて仕方ない。

そんな愛しい我が子の帰りが遅いと、とても心配になります。

『何かあったんじゃ!?』

『どうしよう…?』

『すぐ警察に電話するべき!?』

なんて冷静ではいられないと思います。

いざ子供の帰りが遅い時にどんな行動をとればいいのか、知っておきましょう。

スポンサーリンク

子供の帰りが遅い時の対処方法

子供帰りが遅い対処方法

その時になってから、あれもこれもと考えられません。すぐに行動にうつせるよう普段から準備しておくのが大切です。

やるべきことはなんでしょうか?

順番に確認していきましょう。

 

1.冷静になる

何事もそうですが、パニックなっていては正しい判断ができないものです。

我が子に何かあったんじゃ….!?と心配なのに、落ち着くのはなかなか簡単ではないと思います。

ですが、そんな時だからこそ深呼吸して今の状況をしっかり把握することが大切です。

落ち着いてみれば、何かヒントになるものを見つけることができるかもしれません。

子供の行きそうなところや友達の家など、あらゆる可能性を一度考えてみてください。

 

2.連絡し確認する

友達の家や公園、よく行くお店、学校など可能な限り連絡してみて子供の状況を確認してください。

携帯を持ってる子供ばかりではないですので、子供自身と連絡がつかないと、どうすればいいかわからなくなることも多いですよね。

周りに連絡してみると意外に心配ない場合もあったりします。

いざという時にスムーズに行動できるように、普段から子供が行く場所を把握しリスト化しておくことが大切です。

 

3.家で待つ

心配で居ても立ってもいられない….その気持ちはよくわかります。

ですが入れ違いになり、親と会えないのでまた探しに行った、ということも考えられます。

こんなことが起きないよう、むやみに探しに行かないよう気を付けてください。

ある程度は電話やメールなど、連絡手段を使い家で待つべきです。

周りからの情報を待っている間に、ひょっこり帰ってきたりもしますので、帰ってきたときに迎え入れてあげられるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

4.探しに行く

周りからの情報が得られない、下校時刻、門限を過ぎてから1時間ほどは経っているがそれでも帰ってこない、連絡が取れない、という時には周辺を探してみてください。

自転車で遠くまで行っていた、という場合や、新しい友達の家で眠っていた、なんて場合もあります。

予測ができない行動に出ることもありますので、周りに協力してもらい、一緒に探すのもいいと思います。

家を空ける場合には家族や友人、ママ友、ご近所さんなどにお願いし、誰かが家で待っている状況を作り、入れ違いにならないように気を付けてくださいね。

 

5.警察に電話する

子供の所在が確認できないまま時間が過ぎてしまった時には警察に電話するのがいいです。

いつ電話したらいいのか?

下校時刻、門限を2時間ほど経過してからでしょうか。

一通り探し終わってみると大体それぐらいの時間が経っていると思いますので、その時には警察に迷わず連絡してください。

その際、話がスムーズに伝わるよう探している間のことをメモに書いておくのも良いですね。

スポンサーリンク

子供の帰りが遅い時でも心配ない場合がある

子供帰りが遅い対処方法

子供は楽しいことが大好きです。目の前に好奇心をくすぐるようなことが起きればそっちに飛びつきます。

遊んでいて帰ってくるのが遅くなったり、寄り道したりもします。

学校に忘れ物をしてしまったり、居残りしていることもあるでしょう。忘れ物を取りに行ったり、居残りぐらいで、学校側もいちいち連絡したりしません。

勉強についていけない子、宿題を忘れてしまう子などは居残りでやっていくことも多いみたいなので、家庭でできる限りのフォローをしていきたいものです。

 

子供を危険から守るために普段からできることは?

子供帰りが遅い対処方法

大切な子供の安全を守るには、普段からの行動が大切です。

  • 学校が終わればすぐに帰ってくる。
  • 一人ではなく、必ず誰かと帰る。
  • 遊びに行くときには誰とどこに行くのかを確認する。
  • 門限は必ず守る。
  • 知らない人には何があってもついていかない。

子供は言えばすぐ出来るわけではなく、わかるまでずーっと言い続けなければいけません。

また、今ならキッズ携帯やGPS機能だけな安価な機械もありますので、そちらを持たせるのも良いと思います。

居場所がわかるだけで安心できますからね。

 

まとめ

普段から子供の行動を把握しておくことで子供に何かあった時に慌てないで済みます。ですが、そうならないよう子供に言い聞かせることが一番大切です。

共働きの我が家では上の子が小学生にあがるタイミングでキッズ携帯を購入しました。

楽しいこと優先で帰りが遅いことはよくありました

。遊びに行くのは帰ってきて宿題をしてから、という約束をきちんと守れるようになったのは入学して2か月ほど経ってからでした。

今では学校からの帰り道で『今帰ってるよ』と連絡をくれます。

パパにも連絡してるようで、娘からくる電話やメールを夫婦共々楽しみにしています(笑)

こんな風に親子の絆や信頼を築いていくのかな、としみじみ思うこの頃です。

それぞれの家庭で納得いくやり方を見つけられるといいですね。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 子供の言葉遣いを直したい方必見!ダメな言葉遣いをやめさせる方法

  • 子供の虫歯の予防方法!虫歯予防におすすめの食べ物でいつまでも丈夫な歯を

  • 娘に嫌われた!?仲良くしたい父親の見直すべきポイント「思春期の娘編」

  • 子育てや家事を応援したいけど何をすればいい?ママが喜ぶパパにやってもらいたいこと

  • 子供との遊び方がわからないパパ必見!子供がご機嫌になる遊び方(乳幼児編)

  • 娘に嫌われた!?仲良くしたい父親の見直すべきポイント「幼少期の娘編」