1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 男の一人旅おすすめ国内プラン6選!目的別の楽しみ方を紹介

男の一人旅おすすめ国内プラン6選!目的別の楽しみ方を紹介

 2017/02/15 ライフスタイル この記事は約 7 分で読めます。

今回は、男の一人旅おすすめ国内プランとして6種類の目的別プランをご紹介します。

「一人旅」の最大の利点は、誰にも気を使わずに自分だけの時間を味わえることです。
好きな時間に起きて、行きたい場所へ行き、好きなことだけをする…。

そんな、気ままで素敵な経験をさせてくれるのが、「一人旅」です。

しかし一方では、その自由度の高さ故に「何をしたら良いかわからない」「どう計画を立てればいいの?」という人も多いもの。

また、よほど旅行が好きな人でない限り、初めての一人旅は「時間を持て余してしまうかも」「つまらないかも…」といった不安があるのも事実です。

そこで今回は、男性に向けて、「一人旅の計画の立て方」や「現地での楽しみ方」についてピックアップしました。
一人旅での「注意点」も合わせてご紹介しています。

あなたにピッタリの一人旅プランが見つかるかもしれません。

スポンサーリンク

男一人旅を楽しむための「6つのプラン」

さてここからは、実際に一人旅へ出た先での楽しみ方をご提案します。

男性の渋みが増すような、素敵な旅に出かけましょう!

 

好きなものを好きなだけ!グルメに舌鼓を打つ

最近では、ご当地グルメの祭典である「B-1グランプリ」も開催されるほど、美味しい食べ物をウリにしている地域がたくさんあります。

好きなものを好きなだけ、ガッツリ食べに行きましょう!
中でもオススメしたい一品が、「ラーメン」。

普段とは違う、その土地その地域ならではの味に出会えることと思います。

 

「釣り」で頭もココロも空っぽに

海沿いの街や川沿いの場所へ出かけた時は、「釣り」をしてみるのもいいですね。

魚がヒットしたときの感覚や実際に釣り上げたときの気持ちは、なんとも言い難い気持ちよさがあります。

水面を見つめながらぼんやりとすれば、頭も心もリフレッシュできます。

 

「神社仏閣」や「美術館」巡りで非日常を感じる

歴史や芸術が好きな男性の中には、神社仏閣や美術館巡りを目的に旅行する人も多いもの。

寺社や美術館は、普段は味わえない静かで心地よい時間を楽しめる場所です。

一人旅なら、誰にも邪魔されることなく、建築物や彫刻、美術品を堪能できることでしょう。

 

これぞ王道!?「飲み歩き」

せっかく一人旅に出たのであれば、旅先の地酒やおつまみは是非チェックしたいところですね。

ビールや日本酒とともに一息つくと、見知らぬ土地でも気持ちがほぐれます。

色々なお店のお酒やお料理を楽しみたい場合は、「一杯飲み」がオススメ。
1つのお店で飲むお酒は1杯だけとし、あとは気の向くままにお店を渡り歩いてみましょう。

「パブクロール」と呼ばれることもあるこの飲み方は、老若男女問わず人気のある“大人遊び”です。

 

バイクで「ソロツーリング」

男性に人気の高い趣味である「ツーリング」。
バイクに乗って風を切ると、スカッと晴れやかな気持ちになれますね。

道中で気になった場所へ自由に立ち寄ることができるのも、ソロツーリングの魅力。

隠れた名所や穴場的観光スポットが見つかるかもしれません。

 

自然に囲まれながら「読書」を楽しむ

ごく私的な経験ですが、昔、有名なお寺のベンチでゆっくりと読書をしている男性を見かけたことがあります。

その場所からは綺麗な庭が一望でき、「優雅で贅沢な時間の使い方だなぁ」と感じました。

都会の喧騒を離れ、どっぷりと読書を楽しむ。

一人旅のワンシーンに、そんな場面があってもいいかもしれません。

スポンサーリンク

男一人旅、きっちり計画をたてられなくてもOK!

旅をする時、まず取り掛かるのが「旅の計画をたてること」です。

旅の目的がはっきりしている人や無駄なく旅を楽しみたい人は、そのプランを入念に組む傾向があります。
十分に下調べをしておく分、訪れる土地の魅力を余すことなく楽しむことができ、失敗の少ないスタイルであると言えるでしょう。

その一方で、自由に行動できる一人旅は、必ずしもキッチリと計画を立てておかなけらばならない訳ではありません。

例えば、訪れたい場所を幾つかピックアップするのに加え、あえて「何も予定のない日」を設定しておく…という方法もあります。

現地で思いがけず出会った面白いものや、もっと見て回りたかった場所に時間をあてられるのが、このパターンのいいところ。

一人旅初心者さんや計画が面倒で旅行を諦めている人に、最もオススメな方法です。

旅人の中には、行き先や目的だけを大まかに決めた後は、完全にノープランで出かける強者も。

そうできるようになれば、あなたも「一人旅の達人」です。

 

一人旅が不安な人は「ミニ一人旅」から始めてみよう

一人旅を楽しめるかな?と不安な方は、近場を散策する「ミニ一人旅」をしてみるのも良いかもしれません。

電車で行ける距離の場所へとりあえず出かけ、その近郊を好きなように散策してみましょう。
楽しいと感じられたら、一人旅を楽しめる素質アリかもしれません。

行き先を決められない場合は、「グーグルマップ」を使うのもオススメ。
グーグルマップで近所の地図を出し、目をつぶってピンを立てます。
そして、その場所へ実際に出かけてみるんです!

「どこかに出かけたいな…」と思った時に私がよくしていた方法で、そうでもしなければ知ることのなかったお店や地酒にたくさん出会うことができました。

スポンサーリンク

一人旅で注意しておくべきことは?

自由で魅力あふれる一人旅ですが、旅に不足の事態はつきもの。

無事に家に帰り着くためだけでなく、旅を「楽しかった!」という気持ちで終わらせるためにも、気をつけておきたいことについてまとめてみました。

 

「緊急連絡先」を控えておくこと

気軽に頼れる相手のいない一人旅だからこそ、「緊急連絡先のメモ」は携帯するようにしましょう。

「自宅」や「家族」の電話番号の他にも、「宿泊先」や利用している「旅行代理店」、「クレジットカードやキャッシュカードの窓口」などの番号も控えておくと安心です。

 

常備薬や保険証を忘れずに

急に体調が悪くなったり、コンビニや病院が近くにない場合に備えて、「保険証」と「常備薬」を忘れずに持っていきましょう。

私が旅行をする時は、持病の薬と一緒に「胃薬」と「痛み止め」は必ず持っていくようにしています。

 

飲み過ぎ注意!

一人旅では飲み過ぎを注意してくれる人がいないせいか、酔っ払ってしまうこともしばしば。

余計な揉めごとやトラブルを招くこともありますから、くれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。

お酒を飲む前に「お水を1杯」飲んでおくと、酔い過ぎを防止してくれますよ。

 

旅行シーズンを避けて出かける

旅行シーズンはどんな観光地も混み合っており、行くのも帰るのも一苦労。

一人旅を悠々と満喫するつもりが、行く先々で人混みに遭う…というのでは、羽を伸ばすこともできません。

絶対に避けるべきという訳ではありませんが、旅の日程に迷うならば「シーズンオフ」がオススメです。

 

まとめ ―自由気ままな旅に出よう!―

男性の一人旅の楽しみ方について考えてきました。

一人旅をする時は、最初から万全の計画を練る必要はありません。
行きたい場所や目的だけを決めておき、あとは現地での直感を頼りに旅をする…。

そんな気ままなスタイルも、男一人旅の醍醐味です。

飲み歩きやツーリング、美術館巡りなど、旅のプランは多種多様。
最初は何をすればいいか分からない人も、何度かトライしているうちに自分にピッタリの楽しみ方が見つかるはずです。

帰ってきた時に、「心がホッとした」「エネルギーが充電できた」と感じられるような旅であれば大成功。

自由気ままな一人旅に、あなたも出かけてみませんか?

 

男の一人旅の記事はこちらもおすすめです

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 小田原朝市の魚市場食堂の海鮮メニューは絶品!開催日のチェックも忘れずに

  • 男の一人旅は日帰り旅行から!初心者におすすめの楽しみ方やプランについて

  • 勝浦朝市の朝食おすすめ食べ歩き!わらび餅やタンタンメンや海鮮丼が絶品!

  • 男の温泉一人旅は日帰りも宿泊も楽しめる!温泉宿や旅館の予約で気をつけることは?

  • 男の海外一人旅の楽しみ方!フリーツアー、スポーツ観戦から夜遊びや注意点も紹介

  • 都市型水族館の最寄り駅を紹介!電車で行ける東京の人気水族館4選