1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. お花見の楽しみ方は宴会だけじゃない!デートや友達と花見を楽しむには?

お花見の楽しみ方は宴会だけじゃない!デートや友達と花見を楽しむには?

ライフスタイル この記事は約 6 分で読めます。

食べて飲んで騒いで・・・花見は毎年同じ楽しみ方になりがちですよね。

いつもの宴会もいいけれど、好きな人とのデートや仲のいい友達とじっくり花見を楽しみたい、そんな方にオススメのいろいろな花見の楽しみ方をご紹介します。

また、気軽に春を感じたい、桜をたっぷり愛でたい、趣向を凝らした花見がしたい、などそれぞれのシーンで楽しめる遊び方もご紹介します。

スポンサーリンク

桜のつぼみもほっぺもほころぶ、花見デートの楽しみ方

混雑スポットで手繋ぎ花見デート

敢えて混雑スポットに出向き、好きな人とはぐれないよう手を繋ぐチャンスを掴みましょう。

相手のぬくもりを感じながら散歩した後は、屋台で買った食べ物を2人で半分こ。
幸せな時間を過ごし寒くなってきたら落ち着いたカフェに入りましょう。

ほどよい疲れと、冷えた体を解かす温かい飲み物がデートの充実感をUPさせるはずです。
但しアテもなくカフェを探して歩く事になってはせっかくのムードが台無しです。

エスコート上手、と思われるようスポット周辺のオシャレなカフェをいくつかチェックしておきましょう。

 

アクティブ派には日本一の桜の名所:吉野山でハイキングデート

街デートに飽きてきたカップルには、世界遺産で約200種3万本の山桜が豪華絢爛に咲き乱れる奈良県吉野山をご紹介します。

一目に千本見える豪華さと言われる桜の絶景スポットを二人で歩んではいかがでしょうか。

最寄り駅は東京から約5時間の近鉄吉野駅。
例年4月上旬~1か月程、種類ごとに順に開花します。

 

友達とワイワイ騒ぐ花見の楽しみ方

バーベキュー

人が集まると火を熾したくなるのは男の性でしょうか。
バーベキューの火をメラメラ燃やし、気の合う仲間とうまい肉にかぶりつきましょう!

殻付きホタテやイカを焼いてお酒のアテにするのもいいですね。

オシャレさを求めるならカマンベールチーズをアルミホイルで包んで温めチーズフォンデュにしても。
ワインとのマリアージュがたまりません!

 

広い場所ならバドミントンやマジックキャッチで汗をかこう!

マジックキャッチとはキャッチボールのミットとボールにマジックテープが貼られたもの。
比較的コンパクトで、当たっても痛くないので行楽にはもってこいです。

最初は思い通りに動けないかもしれませんが、「あれ~?」という笑い声もまた賑やかでいいですよね。

普段話さない人と打ち解けるきっかけになるかもしれません。

スポンサーリンク

気軽に春を感じたい方にオススメ!“ながら花見”の楽しみ方


春は何かとバタバタする季節ですよね。

花見をしたいけど、忙しくてなかなか時間が取れない、という方には“ながら花見”がオススメです。

雨が降りやすいこの時期でも、晴れた日を狙って楽しむ事ができます。

 

一駅歩いて帰り“ながら花見”を楽しむ

街のどこかに必ず咲いている桜。

自宅の最寄り駅にはなくても、一駅二駅先や、会社の近くには優しいピンク色の花をつけた桜が佇んでいるのではないでしょうか。

春は出会いと別れの季節。

心なしか浮かない気分だったとしても、いつもより少し長く歩いて見つけた桜がきっと気分を晴れやかしてくれますよ。

 

早朝ランニングし“ながら花見”を楽しむ

運動不足の解消にランニングをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
桜の時期は桜並木のあるルートに変更してみると、爽快かつ柔らかな気分になれるはずです。

早朝なら人気も少ないので、邪魔される事なくゆっくり写真撮影もできますね!

 

ペットの散歩をし“ながら花見“を楽しむ

ペットは疲れた心身を癒してくれる大切な家族ですよね。

散歩は普段妻や子供に任せていて・・・という方もこの時期だけはご自分で散歩をしながら花見をしてはいかがでしょうか。

オジサンが桜の前で一人ボーっとしていると「ちょっと、あの人病んでるじゃない!?」とご近所さんにウワサされてしまいそうですが、ペットと一緒なら怪訝に思われる事もないでしょう。

誰にも怪しまれる事なく花見を楽しめ、運動不足も解消、ペットとの信頼関係も構築できる、散歩しながら花見は一石三鳥です!

スポンサーリンク

花見をどっぷり楽しみたい方必見!花見風呂のあるお宿


日本中がそわそわしながら待ち望んでいる桜の開花。
ちょっとした国民行事なだけに、人気の花見スポットは混雑を極めます。

人里離れたスポットにも挑戦したいけど、それだけの為に遠出するのは億劫ですよね。
そんな時は花見風呂のあるお宿を予約して遠出と花見を満喫するのがオススメです。

花見風呂でラグジュアリーな時間を過ごしましょう。

 

 

※どうしてもスケジュールが合わない方は花見ができる足湯スポットもオススメですよ。

 

趣向を凝らした花見の楽しみ方

屋形船から桜を鑑賞する!

場所取りや飲食物の準備がとにかく面倒!という方にご紹介したいのが屋形船です。

お値段は少し張りますが、乗船時間に手ぶらで行くだけで花見をエンジョイできるのはうれしいサービスですよね。

おいしい食事に温かい飲み物を楽しみながらゆったり春を感じましょう。

 

逸品を持ち寄って花見酒!

花見はやっぱりござを敷いて酒盛りでしょ!という方は、各自でおつまみを持ち寄ってはいかがでしょうか。

全員分の食事を準備するとなると大がかりですが、それぞれがお酒と珠玉の逸品を用意するだけなら負担も減り、好きなものを味わえます。

 

桜って国花?花見を楽しむ為の豆知識


日本の国花をご存知でしょうか。
「国花」とは、国民に最も愛好され、その国に象徴される花の事を言います。

「パスポートには菊の紋章が入っているから菊?」「いやいや、外国人からも花見は日本の文化だと認知されているから桜でしょ?」とお思いの方も多いかもしれませんね。

実は日本の国花は正式には定められていません。世界を見ても、法的に定められた「国花」を持たない国が多いそうです。

しかし広辞苑で「国花」と引くと「桜」「菊」と記載していますし、定義からすると桜も菊も確実に国花と言えるでしょう。

花見の席で国花のクイズを出すると盛り上がるかもしれませんね!

 

まとめ

いかがでしたか?

一口に花見と言っても相手や空間が違えばいろいろな楽しみ方ができますよね。

好きな人と見るピンク色の桜はそれだけで優しい気持ちにしてくれるものです。また、職場の近くや営業先の近辺に桜が咲いているという方は、昼休憩し“ながら花見”もオスメです。

私もサラリーマン時代、職場近くには一本桜が咲く塀に囲まれた神社があったので、桜が咲くと花見気分で昼食をとりました。塀が人の視線を遮ってくれるので同僚や部下に見られる心配もなく、ポカポカ陽気の中で花見弁当を楽しむ事ができ最高でした。

そんなラッキーな環境が皆さんのお近くにもあるかもしれませんね。

花見の相手の事を思い浮かべながら花見スポットを探して周りに目を凝らしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • お花見料理の定番!お弁当からおつまみ、お菓子まで20選をドーンと紹介!

  • 花見を快適にする最新の便利グッズ2017!おもしろグッズから寒さ対策まで