1. TOP
  2. 悩み
  3. あっち向いてホイは脳活性に役立つ?!集中力アップや物忘れ防止にも

あっち向いてホイは脳活性に役立つ?!集中力アップや物忘れ防止にも

悩み この記事は約 6 分で読めます。

あなたもやった経験がある「あっち向いてホイ」。

このあっち向いてホイが、脳活性や集中力アップ、物忘れ防止にも役立つという。

これまでは、何かの勝ち負けを決める時や暇な時などの遊びとしてやっていた「あっち向いてホイ」。

もし、そのような効果が本当にあるのなら、これからは単なるジャンケンではなく「あっち向いてホイ」で勝ち負けを決めることにしようではありませんか!

ということで、脳科学的な内容で説明はできないので、「あっち向いてホイ」のどんなところが脳活性や集中力アップ、物忘れ防止に役立ちそうなのかを考えてみました。

「ほ〜 なるほどね!」ぐらいの感覚で読んでみてください。(笑)

スポンサーリンク

あっち向いてホイのココが脳活性や集中力アップ、物忘れ防止に役立ちそう

あっち向いてホイには、いくつかの動作があることはあなたもご存知の通り。

それらひとつひとつの動作が、関係しているように思います。

 

ジャンケン

ジャンケンは、あっち向いてホイよりもっと手軽にできる遊びです。
遊びよりも勝負と言ったほうがいいかな。

あなたは、普通にジャンケンをしていると思いますが、実はこのジャンケンは相手とタイミングを合わせる必要があります。

おそらく、無意識に相手とタイミングを合わせているはずです。
相手もしかりです。

相手の手の動きや「ジャンケンポーン!」の掛け声を、目や耳を使って情報を取り入れ、脳が処理を行い自分の手の動きを同期させているのだと思います。

また、「ジャンケンをする=勝ちたい」ということで、グーを出すか、チョキを出すか、それともパーを出すか、その一瞬に集中して頭をフル回転させます。

同時に、「相手は何を出してくるかな?」なども「ジャンケンポーン!」の間に考える必要があります。

既にこの段階において、脳はフル回転、めちゃくちゃ集中していることがわかりますね。

 

あっち向いてホイ

ジャンケンで勝った方は「あっち向いてホイ!」と言いながら、指を上下左右のどれかを指します。
負けた方は「あっち向いてホイ!」と言いながら、顔を上下左右のどれかに向けます。

さあ、分析してみましょう。

指を向ける方は、瞬間的に相手の顔の微妙な動きを見ながら、相手が向きそうな方向を指差します。

顔を向ける方は、瞬間的に相手の指の微妙な動きを見ながら、相手が指差しそうな方向以外を向こうとします。

この文章を読んだだけでも、手に汗握るくらいの集中力が必要だと感じ取れませんか?
しかし、集中力だけではないんですね。

負けた方は、勝った方の指を一生懸命見ています。
すると、意識は指が差す方向以外を向こうとしているのですが、その指に釣られてしまうことがあります。

要するに、脳は釣られないように一生懸命抵抗しているわけですね。
しかし、釣られてしまう…。

なので脳は、「あっち向いてホーイ!」の時にもフル回転しているわけです。

それと同時に、ジャンケンの時と同じように、相手とのタイミングを合わせるために同期を行っていることにもなります。

ジャンケンの時よりも更に集中力は必要ですし、釣られずに我慢する、いわゆる抵抗するという脳からの司令もあるようです。

何気にやっている「あっち向いてホイ」ですが、どうも脳はフル回転しているようです。
であれば、脳活性、集中力アップ、物忘れ防止に役立ちそうな気がしますね。

スポンサーリンク

利き手と反対の手で「あっち向いてホイ!」

更に脳をフル回転させる方法として、「あっち向いてホイ」を利き手と反対の手でやってみるというのはどうでしょうか?

利き手の反対の手を使用すると、普段あまり使用しない脳を使用するという話もあるぐらいなので、もしかすると更に脳活性などに役に立つかもしれませんね。

早速、この記事を読んだ後にでもやってみてください!

 

「あっち向いてホイ」で負けない方法を考えてみた

「あっち向いてホイ」をやる以上は、何としても負けたくないものです。
もし負けて罰ゲームがあるとしたらなおさらですね。

そこで、「あっち向いてホイ」で、負けない方法を考えてみました。
ここで紹介するのは、ジャンケンで負けた人が、相手の指差す方向以外を向くためのものです。

相手が「あっち向いて…」と、あなたに指を向けている時の手の甲の向きを確認します。

手の甲が上を向いている時は上か下、手の甲が横を向いている時は左か右を差すというものです。

今度、誰かと「あっち向いてホイ」をする時に実践してみてください。

100%ではありませんが、結構いい確率で負けないと思いますよ。

スポンサーリンク

実は「あっち向いてホイ」と脳活性の研究は進んでいる

実のところ、「あっち向いてホイ」と脳活性の研究は行われています。
様々な脳科学や認知症関連の学会や大学なども研究を進めているようです。

「あっち向いてホイ」と脳活性について調べたところ、以下のような研究内容を見つけることができました。

私のいい加減な分析内容ではなく、きちんとした研究内容をご覧になりたい方はどうぞ。
専門用語が出てくるので、私には少し…いや、かなり高度な内容でした。

 

それから、本も1冊見つけることができました。

 

本の目次には、

第4章 脳を活性化させる「ボケ改善トレーニング」(ボケ改善トレーニング+パズル
あっち向いてホイトレーニング ほか)

というのもあります。

 

まとめ

普段、何気にやっている「あっち向いてホイ」ですが、これからは率先してやりたくなりましたよね?

「そんなことはない!」か。(汗)

しかし、「あっち向いてホイ」ってやっている時は、みんな笑顔で楽しそうにやってます。

声を発して、リズムに乗って、相手とタイミングを合わせ、指差す方向に釣られないようにする。
数秒間の間に、これだけのことをやっているわけです。

無意識にやってそうでも、実は脳はフル回転!

そりゃ〜、脳も活性化し、集中力もアップし、物忘れ防止にも役立ちそうですよね。

はい「あっち向いてホイ!」

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 腰痛を治す布団の選び方を徹底解説!寝ながら腰痛を改善する方法とは?

  • 毛細血管を甦らせて若返り!黒千石大豆の黒豆茶ときなこで血管強化と体のむくみ改善!

  • 「物忘れ」と「認知症」は違う!?今すぐできる予防方法とは?

  • 鼻毛の正しい処理方法とは?あなたの処理方法は間違ってない?

  • 子供の虫歯の予防方法!虫歯予防におすすめの食べ物でいつまでも丈夫な歯を

  • 高血圧を下げる運動をご紹介!無理せずに長く続けることが最大のコツ!