1. TOP
  2. 悩み
  3. あがり症を克服する方法!人前で緊張せずに、のびのびと話せるようになるには?

あがり症を克服する方法!人前で緊張せずに、のびのびと話せるようになるには?

悩み この記事は約 6 分で読めます。

特別なことでもなく、結構身近にあるあがり症。

どうやって克服しようか?何か方法はないか?
自己紹介が怖くてネットや本でギリギリまで調べまくった、なんて声もあります。

誰もが一度は“あがり体験”なるものを経験したことがあるのではないでしょうか?

自己紹介やプレゼン、社会人になれば人前でスピーチしたりすることもザラにあります。

今後の為に、あがり症を克服する方法を知っておきましょう。

スポンサーリンク

あがり症を克服する方法3パターン

『こんなに緊張してしまう自分は病気じゃないのか…?』

と悩んでしまってるかもしれませんが、緊張するなんて当たり前です。
自分がおかしいのでは?なんて悩む必要はありません。

この機会にあがり症を克服しましょう!

 

リラックスする

大切な場面で、緊張感を持つことはとてもいいことですが、過剰に緊張してしまうと上手く行かないことに繋がってしまいます。

緊張すると手足や身体が冷えてしまったりします。
表情筋が固かったり滑舌が悪かったりすると、上手く話せなかったりします。
頭が真っ白になってしまうと、何を話せばいいかわからなくなり、パニックになってしまいます。

心臓がバクバクいってると思ったら、まずは落ち着くこと。

大きく深呼吸して、身体を伸ばしてみて下さい。
お笑いの番組を観て、少し笑ってみるのもいいですね。
好きな動物の写真を見たり、温かい飲み物を飲むのもアリです。

自分なりにリラックスできる方法を知っておいて下さいね。

 

場数を踏む

人前で話す機会を積極的に増やすということです。

例えば、自分のスピーチをビデオカメラで撮影し、どんな風に話してるのか確認する。
何度も原稿を読んで間違わないように練習する。
発声練習をし、滑らかに話せるようにする。
少ない人数でも良いので、友人などにお願いし、プレゼンの場(仮)を作ってもらう。

色んな方法がありますが、とにかく場数を踏み経験値を上げることが大切です。

なんでもそうですが、経験することで脳は学習します。
たくさん失敗して、そしてたくさん練習する。

そうすることで自然と緊張することも少なくなっていきます。

誰でも初めては緊張するもんです。
それは悪いことでもなんでもないんです。

ただちょっと経験が足りないだけ。
これからはきっとうまく話せるようになりますよ。

 

自信を持つ

経験を重ねることで失敗が減りました。
身体もリラックスできています。
滑舌もバッチリ。

あとは自信を持ってハキハキ話すだけ!
『自分はできる』と自信を持ちましょう。

大切なのは『失敗したらどうしよう』ではなく、『○○したら上手く行く』とプラスに考え、成功している姿を想像すること。
ポジティブなイメージを脳に刻み込むことです。

ボソボソと小さな声で下を向いている自分。
ハキハキと前を向き、笑顔で話してる自分。
どちらの自分が素敵ですか?

思い込むことって、結構大切なんですよ。

スポンサーリンク

あがり症の原因ってなに?

あがり症の人は、人前に立つと会話がスムーズにいかなくなったり、手が震えてしまったり、顔が真っ赤になってしまったり、頭が真っ白になったりします。

これは極度の緊張からくる症状です。

では、なぜそんなに緊張してしまうのでしょうか?

 

自分が注目されていると思っているから

『みんなが自分に注目している』と過剰に意識してしまっていることが原因で緊張してしまいます。

みんなの目がこっちを向いてると考えると、そこから動けなくなってしまうことも。

確かに、スピーチやプレゼンなどでは、どんなことを話すのか?とみんな気になります。
けれどそれはあくまで、話の内容が気になるのです。

もしもみんなの目が気になるならば、『そこにいる人はカボチャだ』などと面白いことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

自分を良く見せたいから

『失敗して恥をかきたくない』『自分がすごい人だと思われたい』などと思っていることが原因です。

いわゆる”ええかっこしぃ”ですね。

実力以上のものを出そうとしているのでプレッシャーに感じてしまうのも当然です。

誰しも少なからずそういう気持ちを持ちますが、あまりにもそういった気持ちが強いと、過度な緊張に繋がってしまいます。

人は実力以上のモノはなかなか発揮できません。
でも、その実力を上げていけるのは普段の自分の努力だけです。

周りの評価や、人から良く見られたいという思いもわかりますが、まずは自分がどこまで出来るのかを十分に把握し、受け止めることから始めてみてくださいね。

スポンサーリンク

ネガティブな思考だから

成功している自分よりも失敗した自分を考えてしまうことが原因で過剰な緊張に繋がってしまいます。

ネガティブな考えの人は、『どうやって成功させるか』を考えられず『どうやってこの場から逃げるか』を考えてしまいがちです。

以前に人前で話して失敗してしまった経験があったりすると、それが苦い記憶となり残ってしまうこともあるでしょう。
怖くて話す機会を自分で遠ざけてしまっている場合もあります。

だけどそうなると、嫌なことから逃げてしまい、どんどん”逃げグセ”がついてしまうんじゃないでしょうか?

『また失敗したら…?』なんて考えるのはやめましょう。
『どうせ自分なんて…』と卑屈になんてならないでください。

小さなことだっていいんです。
日々の上手く行った”成功体験”をしっかり覚えましょう。

そして、自分はできると前向きに考えてあげてくださいね。

 

まとめ

人前で緊張してしまうような場面、出来れば避けて通りたいですよね。
手が震えたり、冷や汗が出たり、なんだか動きまでぎこちなくなって…
いざ話そうにも頭が真っ白になって、どうしたらいいのかわからなくなってパニック。

結果、大失敗…なんてことに。
まさに負の連鎖です。

だけど、誰でも緊張し、誰でも失敗します。
大切なのは、それを次の成功につなげられるかどうか、ではないでしょうか。

ご紹介したあがり症を克服する方法、すぐにでもできることばかりなので、是非やってみてください。

過去の失敗を成功に塗り替える機会になることを願っています。

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人間不信を克服する方法!人を信じられないあなたに試してほしい5つのこと

  • 物欲を抑える方法を知りたいあなたへ!これさえ知れば、もう月末は怖くない!?

  • 神経質な性格を変えたい!もっと大胆になって人生を楽しむには?

  • 怒りっぽい性格を直したい人へ!怒りをしずめる2ステップを解説!

  • 苦手意識を克服する方法は意外と簡単?!気軽に試せる4つの方法

  • パチンコをやめる方法!今すぐパチンコ依存症を治したい人必見!