1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 40代メンズのニット着こなし術!定番アイテムをオシャレに着こなす

40代メンズのニット着こなし術!定番アイテムをオシャレに着こなす

 2016/11/09 ライフスタイル この記事は約 7 分で読めます。

40代メンズにオススメしたいオシャレアイテム、「ニット」。

肌寒いこの時期、ぜひ着こなしたいものですね。

今回は、40代のメンズに向けたニットの着こなし術についてご紹介します。

スポンサーリンク

40代メンズに贈る、ニットの「着こなしポイント」!

40代ニット着こなし

ニットはベーシックなアイテムだからこそ、ともすると野暮ったく見えがちです。

ポイントをおさえて、上手に着こなしたいですね。

こちらでは、ニットの着こなし術のポイントについて探っていきましょう。

 

1.デザイン

ニットには多様なデザインがあり、どんな雰囲気をまといたいかによって着分けることができます。

今回は、一番目につきやすい首元に注目してみましょう。

 

クルーネック

いわゆる「丸首」と呼ばれる、首元が丸くラウンドしている形です。

一番スタンダードなデザインで、カジュアルな着こなしにおすすめ。

ゆったりとした雰囲気を演出します。

 

Vネック

首元が「V字」にカットされたもの。

見る人にシャープな印象を与え、少しドレッシーにも見えます。

もともとは女性向けのデザインであり、どことなくセクシーさも感じさせます。

 

タートルネック

その名の通り、亀の首のような形をしている「タートルネック」。

防寒に適しているだけでなく、着ている人を品よく見せてくれます。

小顔効果があるのも、嬉しいポイント。

 

カーディガン

“首元の形”というポイントからは離れてしまいますが、取り入れやすく便利なアイテムなのでご紹介。

シャツの上から羽織ったり、肩にかけてみたり、ジャケットの下に着ることが出来たりと、1枚で色々な表情を楽しませてくれます。

 

2.ニットの色に悩むなら、ダークカラーがオススメ!

形の次に気になるのが、ニットの「色」。

大人な雰囲気の40代メンズには、黒・紺(ネイビー)・グレー・茶色のような「ダークカラー」が便利。どの色も白シャツと合わせやすく、ボトムスのカラーも選びません。

フォーマルにもカジュアルにも着こなすことができるのも、ダークカラーならでは。

また、自分の「パーソナルカラー」を考えてみるのもいいでしょう。パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った色(肌、髪、瞳、唇など)によく似合う色のことを指します。

春タイプ・夏タイプ・秋タイプ・冬タイプの4つに分かれており、似合う色もそれぞれ異なります。

ネット上でも簡単に診断できますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

3.オシャレ感は、「全体のシルエット」が決め手!

40代ニット着こなし

さて、着たいニットが決まったら、全身のコーディネートにも目を向けてみましょう。

ポイントは、「全体のシルエット」です。例えば、ざっくりとしたニットに、太めのボトムス、ダウンコートを合わせたとしましょう。全体的にだぼっとした印象になり、なんだか垢ぬけない感じがします。

そこで、オススメしたいのが「Yライン」を意識する方法。Yラインとは、「上半身から下半身にかけて小さくなるシルエット」のこと。

つまり、トップスにゆったりしたものを、ボトムスにややぴったりとした細めのものを選ぶ着こなし方で、コートやジャケットを羽織る季節には取り入れやすいスタイル。

全体的にすっきりとした印象を与えることが出来ます。

先の例で言うと、ボトムスを細身のスキニージーンズに、コートをダッフルコートにかえてみましょう。全体的にバランスが良くなり、オシャレな印象が強くなります。

一方、“自分はぽっちゃり体型だから、細身のパンツは似合わない….”という方もいるでしょう。

そんな方には「テーパードパンツ」がイチオシです。テーパードとは、ウエストや太もも周りがゆるく、足首向かって細くなっていく形のこと。

ウエスト付近がゆったりとしているので体型がカバーできる上に、足全体を細く見せてくれます。

結果的に、全体のシルエットをバランスよくしてくれるのです。

スポンサーリンク

ニットを選んだら、小物にもこだわってみる

40代ニット着こなし

一見シンプルなニットコーディネートですが、小物にこだわることで個性的なスタイルにすることもできます。

例えば、全体のコーディネートが同じ系統の色やモノトーンで仕上がっている場合は、差し色を加えてアクセントをつけてみましょう。

ネイビーでまとめたコーディネートは、白をプラスすることでさわやかな印象に、イエローやオレンジプラスすると明るい印象になります。

靴やマフラー、カバンなど2つ以上のアイテムを同じ差し色にすることで、全体的に統一感が生まれます。また、オシャレアイテムとして「(だて)メガネ」もオススメ。

ニットととても相性が良く、着ている人を知的に品よく見せてくれます。

 

スーツに合う革靴のデザイン4選-40代からの革靴選び-

 

ニット着こなしの「NGポイント」

40代ニット着こなし

ニットの着こなしポイントがつかめたところで、NGポイントも併せてチェックしておきましょう。

着こなしの参考になるかもしれません。

 

1.相性の良くない柄や色、奇抜な柄は避ける

例えば、ふくよかな人がボーダー柄や膨張色のニットを着ると、実際よりも太めに見えてしまうことがあります。

同様に、細身であることを気にしている人にはストライプ柄や縮小色は不向きかもしれません。

また、奇抜な柄は個性を主張できる一方で、オシャレ初心者さんには着こなしの難しい“諸刃の剣”。

最初は避けた方が無難です。

 

2.安っぽく見える

「実際に値段が安い」のではなく、「安っぽく見える」のがNGポイント。

長く着てくたびれたものや、明らかに素材や仕立ての悪いものなどは、それだけでオシャレ感が急降下してしまいます。

ニットはベーシックだからこそ、長く着ることのできるアイテム。

生地やデザインにこだわって選び、綺麗に着こなしましょう。

 

3.ラフすぎる

40代メンズのような“大人”が大切にしたいオシャレのポイントは、「品の良さがうかがえるか」ということ。

あまりにもラフなデザインや着こなしは、チープな印象を与えかねません。

まずは好きなニットを「綺麗に着る」ということを意識し、徐々にその人らしさを追求していくのがオシャレ上級者への近道です。

スポンサーリンク

番外編:ニットの手入れと保管の仕方

40代ニット着こなし

お気に入りのニットが見つかったら、できるだけ長く着ていたいですよね。

ここでは番外編として、ニットのお手入れなどについてちょっとだけ解説します。

 

洗濯方法

一番重要なのは、そのニットの素材。ニットに使われている糸の中には、ウール(羊毛)やカシミヤなど、「動物繊維」であるものも多くあります。

洗濯するときは品質表示を確認し、専用洗剤を使って手洗いをしましょう。手洗いが出来ないものは、クリーニング店でドライクリーニングを。

誤った方法で洗濯すると、せっかくのニットが縮んでしまいます。

 

保管の仕方

動物繊維は、虫食い被害が多いもの。

化学繊維であっても、人間の汗や皮脂が付いている場合は虫が寄ってきてしまいます。

丁寧に洗ったニットは、防虫剤と一緒に圧縮収納袋に入れて保管するなど、虫食い対策をとることが重要です。

 

まとめ ニットは「大人オシャレ」の強い味方

ニットのデザインや種類は多様にありますが、迷った時は「演出したい雰囲気」や「使いやすいカラー」を参考にするのがベター。

また、オシャレ感の決め手は「全体のシルエット」です。全体のバランスを見ながら、小物にもぜひこだわってみてくださいね。

その際、安っぽかったりラフすぎたりするのは、40代メンズとしてはNGです。

ニットは、品よく知的な雰囲気を演出してくれる優れもの。40代メンズにもぴったりです。

ぜひ、ニットの“大人オシャレ”に挑戦してみてくださいね!

スポンサーリンク

 

関連記事

\ SNSでシェアしよう! /

イケMenSの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

イケMenSの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ぽっちゃり体型のメンズでも着こなせる、秋冬の注目ジャケットとは?

  • スーツに合う革靴のデザイン4選-40代からの革靴選び-

  • ぽっちゃり体型でも怖くない、優秀メンズパンツのおすすめはコレ!

  • ぽっこりお腹のおすすめ男性ファッション!ぽっちゃり体型でも決まるファッションとは?